HITTOBITO

カルチャー

会議室がスタバのコーヒーセミナー会場に変身!ブラックエプロンバリスタとクリスマス ブレンドを楽しみました

2018年01月25日 

クリスマスコーヒーセミナータイトル

学生時代に田舎のスターバックスでアルバイトをしていたマーヴェラスゆうりです。

地元の最低賃金が690円台だった当時、スターバックスは「時給が800円以上」というレアなバイト先でした。
コーヒー漬けの青春時代を過ごしたおかげで、現在も軽くカフェイン中毒です。

 

なんと!スターバックスさんが弊社フューチャーヒットにて
クリスマスの特別コーヒーセミナーを開催してくださいました!

なな、なんと!レポートするのが遅れに遅れてしまい、もはや1月。
季節感をスルーして記事を書きます。ごめんなさい…。

 

グランフロント大阪店チョークアート
弊社が入居しているグランフロント大阪は、上層階がオフィス、下層階がファッションビルになっています。
そのビルの6階にスターバックス グランフロント大阪店があります。

たまたま私の友人こちらのお店で働いてた縁があり…
コーヒーを囲んで会話を楽しみ、人と人の輪をつなぐ場を作りたい!
というグランフロント大阪店さんの熱い想いで今回のセミナーが実現しました。

会議室を開放して、近隣で働く他社の方々にも声をかけ…
せっかくなのでクリスマスの飾りつけを用意して…
気分はすっかりクリスマスパーティーです。

クリスマス ブレンドを楽しもう

クリスマスブレンド

出典元:[季節のコーヒー] スターバックス®クリスマス ブレンド|スターバックス コーヒー ジャパン

今回は「クリスマスブレンド」という季節限定のコーヒーが主役。
コーヒー豆の育ち方や産地による違いなどをサクッと学びつつ、コーヒーの楽しみ方を広げよう!という趣旨の入門セミナーでした。

コーヒーセミナー(果実)

今回はグランフトント店で働くブラックエプロンの方が来てくださいました!

お話を担当してくれたIさん、さすが大阪うめだのど真ん中で働くスタバ店員。
トークがすごく滑らかでプレゼンをお願いしたいレベルです。
「コーヒーが好き」という熱い気持ちがひしひしと伝わってきました。
(ブラックエプロンとは……スタバ独自の難しい試験に合格した、とても知識豊富な店員さんなのです。つまりコーヒーガチ勢。)

写真を使いながら、どんな栽培方法で、どんな種類を調達しているのか…など、
スターバックスで扱うコーヒー豆のストーリーが語られます。

普段はあまり意識しませんが、コーヒー豆って「農作物」なんですよね…。

Iさんによると、1本のコーヒー豆の木から採取できる豆の量はなんと「500g」しかないとのこと。これには驚きの声があがりました。

3種類のスターバックス® クリスマス ブレンドが登場

いよいよ、今日飲み比べをする3種類の「クリスマスブレンド」が登場。

飲み比べることによってそれぞれの個性が分かります。

 
コーヒープレス

今回の抽出方法はコーヒープレス。
あまり知られていませんが、お店でも「コーヒープレスサービス」と伝えれば、自分好みのコーヒー豆で注文できます。
会議室にとても良い香りが漂いはじめました!!

バリスタ直伝、コーヒーはすすって飲もう!

まずはテイスティングの4つのステップを学び、みんなで実践します。

4つのステップ

お茶を飲むように「ズズッ!!」と音が響くほどすするのがポイント。

「スプリンクラーのように下の上に広げることで、コーヒーの味がはっきりします」とのことで、皆で実践となりましたが…

普段の飲み方とあまりに違うので最初は照れてしまい、会場が笑いに包まれました…。

4つのポイント、ぜひ実際にコーヒーセミナーで学んでみてください!

 

コーヒー3種飲み比べ

飲み比べたコーヒーは3種類。華やかなパッケージが目を惹きます。

 

スターバックス® クリスマス ブレンド エスプレッソ ロースト

スターバックスラテのエスプレッソにも使用されている豆で、かなり深入り。
甘くてしっかりめのスイーツ(キャラメルやチョコレートなど)と合うそうです。
どっしり舌の上に残る大人の味わいに「これが一番好き!」という人が続出。

相性の良いフード:キャラメル、スパイス、チョコレート、ナッツなど

スターバックス® クリスマス ブレンド

1984年にアメリカで発売されてから、30年以上もの間愛されてきたブレンドです。
リッチな甘い香りに「今年もクリスマスが来たな…」と思うようになればかなりのスタバ通。
個人的にはミルクを入れて飲むのも好きです。ほんのわずかにナツメグを入れたような不思議な風味になるのです!

相性の良いフード:ナツメグ、シナモン、パンプキン、ジンジャーなど

スターバックス® クリスマス ブロンド ロースト

上の2種類と比べるとやや浅煎りで、飲みやすいです。わずかにスパイシーな口当たりは、シュトーレンとも愛称バッチリ。
「明るい味わい」と聞いていたのですが、ひとくち飲んでみると確かに明るい!口当たりが軽やかなのででスイスイ飲めます。

相性の良いフード:ベリー、オレンジなど

 

フードペアリング
今回はクリスマスの特別セミナーということで、フードペアリングも楽しみました!
それぞれのコーヒーと愛称の良い素材を、バリスタさんが探してきてくれたそう(ホスピタリティに涙目です)。
幸せなの時間が更に至福に!!!

 

コーヒーパスポートでコーヒーの旅へ!

コーヒーセミナー(世界地図)

豆を選ぶときって、情報量が多すぎて困ってしまいませんか?

そんなときはこれ!
コーヒーパスポート
コーヒーパスポートの登場です。

セミナーに参加した方はもちろん、スターバックスでコーヒー豆を購入する際に「パスポートください」と言えばもらうことができますよ。

今回は内容の詳細は省きますが、コーヒーのガイドブックになっているだけではなく、
ティステイングノートとして飲んだ豆の記録ができるようになっています。
頼もしい相棒に会場のみんなは興味津々でした。

 

コーヒーを通じて笑顔が生まれる

セミナー風景2
セミナー風景1

どっぷりコーヒーの世界観に浸った一時間でした!

同じタイミングでコーヒーを抽出して飲み比べることで、ロースト感、甘味、香りなど、
単体で飲んだときには気づきにくい特徴を感じることができました。

最後は店舗のスタッフの皆さんから全員に「おすすめカスタマイズ」が書かれたカードが配られ、大いに盛り上がりました。
コーヒーを通じて心が通い合う瞬間!この笑顔に胸熱です…。

パスポートも手に入れたので、これからもコーヒーの旅を楽しみたいと思います。

(以上、カフェインが入りすぎて、若干ポエムが入りました)

 

最後に……

グランフロントへお立ち寄りの際には、スターバックスグランフロント大阪店へぜひどうぞ。

残念ながらグランフロント店ではコーヒー豆は販売されていないのですが、
オシャレすぎる高層ビルの中でここだけは空気が柔らかく、随一のほっとするわ~~~~な場所。
笑顔のすてきなスタッフさんしかいません。
ガラス貼りの壁からはヨドバシ梅田タワー工事現場の重機が一望できる、素敵なロケーションのお店です!

スターバックス グランフロント大阪店

引用元:スターバックス グランフロント大阪店(GRAND FRONT OSAKA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • マーヴェラスゆうり

    マーヴェラスゆうり

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    滋賀県出身。同郷のミュージシャンT氏に憧れ、自分もいつか強風を浴びて踊り狂いたいという想いを抱え加入したファンクラブは気がつけば20年程経過していたというマーヴェラスレディ。 家電メーカーサイトの運用をメインに担当。両手に検証用タブレットを抱えて作業する姿はまるで千手観音さま。時には自らコーディングやデザイン制作でも手を動かすなど、幅広く活躍中。

    滋賀県出身。同郷のミュージシャンT氏に憧れ、自分もいつか強風を浴びて踊り狂いたいという想いを抱え加入したファンクラブは気がつけば20年程経過していたというマーヴェラスレディ。 家電メーカーサイトの運用をメインに担当。両手に検証用タブレットを抱えて作業する姿はまるで千手観音さま。時には自らコーディングやデザイン制作でも手を動かすなど、幅広く活躍中。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから