HITTOBITO

運動

初心者が10㎞マラソンに初挑戦してわかったこと

2017年11月29日 

y.10km_kv1

自分の体質とペースを知る

今後も長く走り続けたいなら、無理しないことが一番!

長距離走は自分のペースで走ることが一番大事なので、目標は決めつつも焦る気持ちを抑え、まずは呼吸が荒くならない気持ちの良いペースで10㎞走ってみよう。

ただし、今まで最高3㎞ぐらいしか続けて走ったことのない方は、まず5㎞、6㎞と徐々に距離を伸ばしていきましょう。

練習してる際によくあるのが、ベテランランナーに釣られてスピードが上がりペースが乱されることです。経験ありますよね?距離も稼げなくなるし辛くなると2度と走りたくなくなります。
まずは自分の力量を理解し目の前の目標をクリアしていきましょう。

10㎞マラソンの練習量について

マラソンの練習量も、言ってしまえば個人の力量次第。何度か走ったことのある人で、過去は長距離走が得意だったなら数回の練習でじゅうぶんかもしれない。
走った次の日は筋肉が修復する期間だから休んだ方が良いとよく聞くので、初心者なら走りたいときに走る程度でも良いと思います。

ちなみに私は、10㎞以上を通しで走ったのは結局1回だけでした。毎回、6㎞か9㎞まで走ったところで疲れてしまい、途中で辞めることが多かったです。
走る頻度は、最初は週1〜2回で頑張ってたけど、台風や雨が続いたり、体調崩したりで3週間くらいお休みして、実際のところ7回ぐらいしか練習できていません。それでも当日は10㎞を1時間切るタイムで走ることができました。

ただ、あまり後悔したくないなら、しっかり練習しておくべきですね。
・10㎞を確実に走れること
・少し早めのペースでも試しておくこと
じゃないと私みたいに後悔します。

大会では練習の10〜20%程度早いタイムが出るらしいです!もちろん人によりますが。

10kmマラソンの走行距離とペース

1.5kmのトラックを6週走行。1kmあたりの平均ペースは5.45分。練習時のペースより28秒も縮まっていた。

y.10km_img01

10㎞マラソン完走した1時間弱に思ったこと

大会当日は朝から寒くて、開始まで軽いストレッチくらいで体力温存していたのですが、周りは慣れた方ばかりで走る直前だというのに、軽いジョギングで体を温めていました。
でも! 私は釣られません、絶対走りません、休んでおきます。とストレッチだけしておきました。
スタートとゴールは違う場所で、みんなでぞろぞろとスタート地点まで歩いていきました。そして合図を待ちます。

そして、いよいよスタート。ピストルの合図で皆が一斉に飛ばします!
ビュンビュン飛ばす!もうこの時点で帰りたい。みんな速すぎる~(;_;)

ペースペース、と呪文のようにつぶやきながら、自分と同じくらいのペースの人を探し、その人の後ろにぴったり着く事に決めた。こうやって自分のペースを保つ作戦だ!

2〜3周目くらいから、みぞおちが痛くなり、鼻水もじゅるじゅると…とても呼吸がしずらい。辛い帰りたい…棄権しようかな?と何度考えたかわからない。
でもペースが遅くても歩くことになっても、完走だけはしようと粘りました。あと1周だぁ〜!と力を振り絞ってゴールしようと構えた瞬間、目の前の人がゴール前でもう1周走り始めたのです…

えっ…´・ω・)?

そう、スタートとゴール地点が違うから、周回カウントを間違えていたのです…。あと1周…あの時の絶望感は計り知れない…ペースあげて走ったのに。もう無理…

結局後ろにぴったりついた人の次にゴール!!念願のゴーーール!!!
もう吐きそう。

結果は54分51秒。女子の部5位で入賞ならず。(ちなみに女子の参加者は12人

でも、練習の時は1時間5〜10分くらいのペースだったから、本当に20%くらい早く走れてました!
周りには2度と走るもんか!と言ってるけど、実際のところまた10㎞マラソン走ってみたいし、練習では20kmにチャレンジしてみたいな、と思っています。
もしも疲れない走り方を知っている方がいたら、是非この初心者ランナーにコツを教えてくださいね( ´◡` )

おおさかリレーマラソン2017 in 鶴見緑地 大会概要はこちら

チームで挑んだ10kmリレーマラソンはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ゆみ~る

    ゆみ~る

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    夢にまでみた大阪での暮らしも早2年、子育てと仕事を両立し、ワークライフバランスの実践を試みる一児の母。みんなの期待に応えようと、小柄ながら子供の送り迎えと仕事に日々奔走するパワーは計り知れない。コーディングにプランニング、ディレクション、ウェブ解析、まで幅広くこなす縁の下の力持ち。

    夢にまでみた大阪での暮らしも早2年、子育てと仕事を両立し、ワークライフバランスの実践を試みる一児の母。みんなの期待に応えようと、小柄ながら子供の送り迎えと仕事に日々奔走するパワーは計り知れない。コーディングにプランニング、ディレクション、ウェブ解析、まで幅広くこなす縁の下の力持ち。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから