HITTOBITO

お出かけ

自転車(クロスバイク)で、快適サイクリング

2016年09月26日 

cc-2

スマホの操作などは、必ず止まって行いましょう!本当に、危ないです。

※参考
自転車で「ながらスマホ」事故ったら保険はどうなる?
自転車事故で「1億円の賠償」あなたは大丈夫?
母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…

1年ほど前から、AEON で買ったクロスバイクを乗り回しているのですが、これがなかなか楽しいです。自転車関係でいろいろあったので、まとめてみます。

AEON で自転車を買う

AEON が自転車に力を入れていることをニュースサイトなどで知り、実際に見に行ってみますと、なかなか良さそうだったので、momentum iNeed S-1-H を買ってみました。

自転車あんしんパック の 2,700 円のプランにも入りました。購入後、何度か店で調整してもらいましたが、全部無料だったのは助かりました。

追加で保険に入る

自転車あんしんパックだけでもいいかなぁと思っていたのですが、車やバイク同様、自転車も結構事故を起こすと、ひどいことになりそうだなぁと思ったのと、家族も自転車に乗るようになってきていたので保険でカバーしたいなぁと思っていたので、自転車用の保険にも入りました。JCBカードに加入している必要がありますが、JCBトッピング保険の 自転車プラン が250円/月と安かったので、これに加入しました。

自転車をカスタマイズ

色々なアイテムがあって、なかなか、面白いです。少しづつ追加していきます。

ss

水筒ホルダー

とにかく、走っていると汗をかくので水分補給が必要です。水筒ホルダーに、ペットボトルを突っ込んでおくと、信号で止まった時にでも、すぐに水分補給できるのでお勧めです。

ss

サイクルコンピューター

走行距離や、時速などが表示されます。あまりに長距離走ると、翌日に疲れが残ってしまうので、あまり走り過ぎないように走行距離を見つつ、また、あまりにスピードが出ると危ないので時速を見るのに使ってます。

ss

スマホは、いろいろな使い道があります

スマホの操作は、必ず止まってから行いましょう!

ss

FitBit Charge HR で心拍数表示します。

先日紹介しました、FitBit Charge HR は、Bluetooth で、スマホに情報を飛ばす機能があります。これを利用して、心拍数を表示します。脂肪燃焼ゾーンと表示される場合は、効率よく脂肪が消費されるようです。

※参考
Fitbit Charge HR が、私の生活をどう改善したのか

ss

実験的に、坂道を全力で登ってみました・・・。これは、長時間は続けられません。マジで苦しいデス。

ss

Runkeeper で、走行コースを記録

自転車で適当に走ってると、どこ走ってるの分からなくなるので、地図があると安心ですね。消費カロリーも表示されるので、参考にします。地図自身にも、いろいろ表示されるので、どっちに向かって走るのかを地図を見て決めるのも、楽しいですね。地図を凝視するときは、必ず停止てから見ましょう。くどいですが、本当に、危ないです。

この地図にも、左上に「古墳」があったり、難読駅で有名な「京終」があったりして、面白いですね。

というわけで、サイクリングお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • よっしー

    よっしー

    ディレクター (東京支社)

    ディレクター

    (東京支社)

    田畑では愛車トラクターを乗りこなし、米も作る農家が本業というIT系ファーマー、いや、ファーマー系エンジニア? こだわりのあるモノ作りが得意。野菜とWEBの旬な情報はお任せ! 新しい技術やサービスは、まず自ら使ってみる事をモットーにしているプロジェクトマネージャー。WEB制作だけではなく、ネットワーク/サーバー、システム開発まで幅広く網羅。

    田畑では愛車トラクターを乗りこなし、米も作る農家が本業というIT系ファーマー、いや、ファーマー系エンジニア? こだわりのあるモノ作りが得意。野菜とWEBの旬な情報はお任せ! 新しい技術やサービスは、まず自ら使ってみる事をモットーにしているプロジェクトマネージャー。WEB制作だけではなく、ネットワーク/サーバー、システム開発まで幅広く網羅。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから