HITTOBITO

農業

米農家(小規模・兼業)に必要な機械

2016年08月10日 

DSC05493-2

軽トラック、トラクター、田植え機、コンバイン、乾燥機、籾すり機。米農家(小規模・兼業)では、いくつかの機械を使います。いったい、どのような機械なのか、簡単に説明してみます。

1.軽トラック

keitora

田舎の味方、軽トラック。農業用のグレードがあり「デフロック」や「超低速ギア」が付いているものがあります。ぬかるみを走るので、こういう装置が必要な場所もあるんですね。
荷物や農作物を運ぶのに大活躍です。子供の頃は、人も荷台に乗せられて運ばれていました。いまなら警察に捕まりますね。
普段使いにも便利なので、ちょっとした買いものには、軽が楽でいいです。なによりも、すごく燃費がいいです。

2.トラクター

IMG_0016

土を耕すのに必要です。昔は牛でしたが、時間がかかりすぎて、牛を使う生活に戻ったら、たぶん有給使い切っても、会社に出勤できないと思われます。後部についているロータリーが、爪をぐるぐる回して土を掻き回します。乗り始めのころは、道や畦まで耕してまい、農道の幅が狭くなったりして迷惑かけました。
走行中のトラクターの視界は、あまりよろしくないので、動いてるトラクター周辺には、近づかないようにしましょう。特に、ロータリーに巻き込まれたら、死んじゃうと思います。
ちなみにフルパワー走行で「何人たりとも俺の前は走らせねぇ。」と思っても、子供の全力のチャリには抜かれます。遅いです。

3.田植え機

DSC03756

苗を水田に植えるのに使います。苗を植える部分は、機関銃を作っていた人が戦後の平和利用のために、その技術をベースに作ったという話があります。
田植えをするときは、かなりの低速で運転することになるのですが、イライラして、ちょっとくらいスピード上げても大丈夫だろうと、心の余裕をなくすと、苗がきっちり土に刺さらず、水に流されて、植え直すことになってしまいますので、急いでいても、ゆっくり植える心のゆとりが必要です。(しかも、抜けた苗が水に流されて、ちゃんと植わっている苗に当たって、それも抜けていくという悪循環・・・ぐあああ)
個人的には、一番、運転が難しい機械。まっすぐ植えられていないと、ご近所さんから、ちょっとしたダメ出しをもらって、心が痛くなります。

4.コンバイン(稲刈り機)

P_20151014_102528

稲を刈り取るのに使います。キャタピラ(無限軌道)がかっこいいです。操作方法は独特で、レバーが左右に2個あり、左を引くと左のキャタピラのブレーキがかかり、左に曲がります。右はその逆ですね。戦車の操縦気分が味わえますが、スピードは人が歩く程度なので、物足りなさはあります。(実際の戦車は、レバー2本は同じでも、操作方法は違うようです)
とはゆえ、その操縦は、それなりに面白く、刈り取った後の田んぼで、乗り回していたら、怒られたのも、いい思い出です。
しかしながら、内部には、かなり危ない装置が搭載されていて、特に脱穀装置やカッターは、人間が触れると、ただでは済まない勢いで回転や振動をしており、うかつに、カバーを外すのは危険です。

5.乾燥機

RIMG0078

収穫したコメは、乾燥させないと、熱を持ってしまうので収穫後、すぐに乾燥します。出荷時に規定の水分率にしておく必要もあります。この機械を運転してる間は、細かいホコリが大量に飛び散るので、チクチクして、かゆくてたらないという問題があります。洗濯も干せないですね。

6.籾すり機

RIMG0076

籾と玄米を分離します。昔は、発動機(エンジン)を動力にしていたので、屋外に広いスペースを必要としましたが、最近のは電気で動くので、屋内で省スペースで利用でき、雨の日も大丈夫になりました。
発動機は、重油が燃料になっていたのですが、最近、軽油かガソリンで動く装置ばかりなので、重油が燃焼する独特の匂いが家からなくなってしまいました。亡くなった祖父を思いだす匂いなので、ちょっと寂しい思いをしています。
とはいえ、発動機の始動は、結構危なくて、始動時のクランク操作をミスると腕の骨を折ってしまったりもするので、もう使うことはないかもしれないですね。

というわけで、色々な機械があります。それぞれの機械はよくできていて、日本の農機スゲーと思わずにいられません。
他にも、管理機、籾殻収集装置や、播種機、色々な機械があるのですが、だいたい、ここで紹介した機械がメインで利用する機械かなと思います。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • よっしー

    よっしー

    ディレクター (東京支社)

    ディレクター

    (東京支社)

    田畑では愛車トラクターを乗りこなし、米も作る農家が本業というIT系ファーマー、いや、ファーマー系エンジニア? こだわりのあるモノ作りが得意。野菜とWEBの旬な情報はお任せ! 新しい技術やサービスは、まず自ら使ってみる事をモットーにしているプロジェクトマネージャー。WEB制作だけではなく、ネットワーク/サーバー、システム開発まで幅広く網羅。

    田畑では愛車トラクターを乗りこなし、米も作る農家が本業というIT系ファーマー、いや、ファーマー系エンジニア? こだわりのあるモノ作りが得意。野菜とWEBの旬な情報はお任せ! 新しい技術やサービスは、まず自ら使ってみる事をモットーにしているプロジェクトマネージャー。WEB制作だけではなく、ネットワーク/サーバー、システム開発まで幅広く網羅。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから