HITTOBITO

手作り

マレーシア名物の肉骨茶 (バクテー / Bak kut teh)を作ってみた

2018年02月15日 

cover

バクテーとは?

わたるんです。

マレーシア駐在者が必ず食べて、そして多くの人が好きになる料理。それが肉骨茶 (バクテー / Bak kut teh。以下バクテー)です。

Wikipediaには「マレーシア及びシンガポールの鍋料理」と書かれています。豚肉メインの煮込み、と表現した方が個人的にはしっくり来るかな。マレーシアローカルの人々は朝からガッツリ食べてたりしますが、私は昼食で食べることが多かったです。肩ひじ張らずに食べる大衆料理です。薬膳の要素もあって、滋養強壮にもよさそう。

本場マレーシアのバクテーは、こんな感じ。

381866_356159167731972_828498029_n

クアラルンプールでは、中心部から離れますが、Klangというエリアが、おいしいバクテーを出す店が多いことで著名です。

現地で食べるのが一番ですが、今やAmazonでバクテーの素を買える世の中。また、クックパッド上にもレシピがいくつか掲載されています。

Amazon

https://cookpad.com/search/バクテー

今回は、バクテーの素を使う形で、自宅でバクテーを作ってみようと思います。ただし「素」はAmazonで買うものではなくて、マレーシア駐在の同僚に持ち帰ってもらった現地のスーパーで売っているものです。アヤシイ日本語で調理方法も書いてあります。

IMG_5029 IMG_5031

この説明文とクックパッドの情報をもとに、多少アレンジも利かせて、調理してみました。

材料 (大人4人分)

  • バクテーの素 1パック
  • 豚肉 カツ用360g + すき焼き用200g
  • ホワイトマッシュルーム 大粒のものを5つ
  • 油揚げ 3枚
  • エノキタケ 1パック
  • ヤングコーン 1パック
  • ニンニク 4カケ
  • 塩 小さじ2杯
  • 料理酒 1振り
  • 水 1.5リットル
  • スイートチリソース (食べる時のソースとして)

作り方

豚肉は食べやすい大きさにカット。長く煮込むので、大きめに切った方がいいかも。

IMG_5043

エノキタケは下の方を切り落とします。

IMG_5035

ホワイトマッシュルームは、縦に2つに切り分けます。

IMG_5033

油揚げは、食べやすいサイズに切ります。

IMG_5040

ニンニクは皮をむいておきます。

これらを下ごしらえしつつ、水を沸かしておきます。沸騰したら、ここまでの材料とバクテーの素をまとめて鍋へブッコミ!

0002

この状態で弱火でコトコトと煮ていきます。クックパッドのレシピでは1時間~2時間と煮る時間に幅がありましたが、私は間を取って1時間半ほど煮込みました。その間に他の調理を進めたり、イオンにチリソースを買いに行ったり、娘と遊んだり…(火の番は妻と交代で)。

1時間くらいの時点で、ヤングコーンを投入します。

IMG_5048

薬膳のような漢方のような芳しい香りが、キッチンに満ちてます。

随時味や煮込み具合を確認しつつ、時間になったので塩と料理酒を投下し、かき混ぜて、火を止めます。それから適当なお皿に盛りつけます。

cover

0001

こんなんできましたー。

現地レストランのバクテーよりも少し薄味ながら、材料にはしっかり染み込んでいるし、日本人にはちょうどいいかな。とてもごはんが進むテイストです。バクテースープだけでも十分食べられますが、お好みに応じてスイートチリソースで味わうのも吉。一緒に飲む飲みものは、アルコールよりはウーロン茶がいいかと思います。

最後に

日本でもバクテーを食べられる店はいくつかあります。老舗で有名なところは、池袋のマレーチャンとか。

日清カップヌードルからシンガポールラクサ味が出ましたが、ラクサもバクテーも同じ地域(マレー半島)の料理です。もしかしたらそのうち、マレー料理の本格ブームが日本に来るかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • わたるん(ゲストライター)

    わたるん(ゲストライター)

    フューチャースピリッツ グローバル事業本部

    フューチャースピリッツ グローバル事業本部

    社内では希少な北関東出身。栃木県→東京都→マレーシア→東京都というオデッセイを経て、現在はフューチャースピリッツ京都本社で海外事業の一端を担う。東京時代はWEBディレクターだったが、マレーシア駐在時に流した苦労を糧に、今は海外事業に関連する業務全般(特に事業開発、商品開発、営業、管理等)を担当。趣味は旅行。ASEAN加盟国全てを回り、各国でラーメンを食べてきた。外国で身の危険を感じたことはほとんどないが、激昂したタクシー運転手から回し蹴りを食らいかけたことはある(ひらりと身をかわした!)。1977年生まれ。

    社内では希少な北関東出身。栃木県→東京都→マレーシア→東京都というオデッセイを経て、現在はフューチャースピリッツ京都本社で海外事業の一端を担う。東京時代はWEBディレクターだったが、マレーシア駐在時に流した苦労を糧に、今は海外事業に関連する業務全般(特に事業開発、商品開発、営業、管理等)を担当。趣味は旅行。ASEAN加盟国全てを回り、各国でラーメンを食べてきた。外国で身の危険を感じたことはほとんどないが、激昂したタクシー運転手から回し蹴りを食らいかけたことはある(ひらりと身をかわした!)。1977年生まれ。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから