HITTOBITO

カルチャー

【リレーブログ】初めて遊んだテレビゲーム

2017年07月25日 

game1

出典元:msx.org

リレーブログを今回担当します、当社代表取締役の谷孝です。

テーマとして「初めて遊んだテレビゲーム」を頂きました。

まず最初に、私の子供時代は、ファミコン全盛期だったわけですが、我が家には、恐らく親の教育方針だったのか、ファミコン等のゲーム機はありませんでした。
友達の家に遊びにいっては、やらせてもらっていたのを良く覚えています。

そのかわり、我が家には、ゲームが出来る、ゲーム機ではないものがありました。
当時、各家電メーカーが争って出していた、統一規格の「MSX」です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/MSX

 

私の最初の「MSX」はSONYが出していた「HiTBiT

game1
出典元:msx.org

 

人々のヒットビット、というキャッチコピーでした。

game2
出典元:msx.org

 

偶然にもこのブログの名前と語感が近いですね。

パソコンですが、ファミコン同様、ROMのカードリッジでゲームが出されていて、
スロットに入れることによりゲームが出来ました。
小学生の私にとっては、パソコンというものがよくわからず、これを「テレビゲーム機」として当初認識していたわけです。

そして最初に遊んだゲーム、これは恐らく本体におまけについてたものだと思うのですが
船で敵をよけながら川を上がっていく、という単純なゲームだったのも覚えています。

スペースキーしか使わなかったような操作と、
そのゲーム画面はかなり強烈に覚えてるんですが、さすがにタイトルもメーカーも思い出せない。。

しかし今は当時と違って、インターネットの時代。
Googleさんに聞きまして、簡単に出てきました。

こちらです。
「ターボート」

game3
出典元:MSX Database

 

もうちょっとカラフルな画面だったような気もするのですが。。

 

さてここから余談ですが、その後MSXでも、ドラクエや、信長の野望など
ファミコンで有名だったゲームは一通り発売されて、そちらでやっていました。

そしてある日、ゲームカセットをいれずに「MSX」の電源をいれると立ち上がったのが、青色バックのBASIC画面。
ここから私は小学生時代に、プログラミングというものを知り
雑誌を買ってきてはそこに載っているプログラムを打ち込んでゲームを作り
ちょっとずつ先輩プログラマーのコードを変えながらBASICを覚え、
いつのもまにか自分でゲームを作って雑誌に投稿をする小学生になっていました。

この体験が、まわりまわって、当社を創業することにもつながっています。

あの時親が、我が家にあったのがMSXではなくてファミコンだったら、今は違うことをしているのかもしれません。

 

 

次のリレーブログの担当は、弊社取締役の宮道です。
お題は「死ぬまでにやりたいこと」でお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • 谷孝大

    谷孝大

    代表取締役 (大阪本社)

    代表取締役

    (大阪本社)

    少年時代からコンピュータに親しみ、世界中に一瞬でつながるインターネットの 可能性に魅力を感じて大学1年生の時に創業する。 国内での事業展開の他、中国、マレーシア、タイで事業を展開。8歳と1歳の2児の父親として、週末は子育てにも奮闘中。趣味はモータースポーツ観戦、映画鑑賞。公式的には断酒中。 兵庫県伊丹市出身、現在は京都市内在住の39歳。

    少年時代からコンピュータに親しみ、世界中に一瞬でつながるインターネットの 可能性に魅力を感じて大学1年生の時に創業する。 国内での事業展開の他、中国、マレーシア、タイで事業を展開。8歳と1歳の2児の父親として、週末は子育てにも奮闘中。趣味はモータースポーツ観戦、映画鑑賞。公式的には断酒中。 兵庫県伊丹市出身、現在は京都市内在住の39歳。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから