HITTOBITO

梅田

たななの食レポ奮闘記④ICE MONSTERの「杏仁かき氷&ピスタチオかき氷」

2017年01月06日 

0

夏になるとかならず食べたくなる、かき氷。
実はわたしはかき氷が大好き!

そんなかき氷好きなら一度は行ってみたいかき氷屋さん、それがアイスモンスター。開店当初はなかったハーフセットメニューができたと聞き、さっそく行ってきました。ちょうど今は12月と真冬ですが、かき氷が好きなら夏でも冬でも関係なし!

 
まずは会社帰りにオフィスを出てエレベーターを降り、そこからエスカレーターを2階分下がって100歩くらい歩きます。

するとそこには!なんとアイスモンスター!!

1

アイスモンスター!!!(タピオカドリンク推し)

8

注目のハーフセットメニューについてもちゃんと掲載されていました。

気になる内容はこんな感じ。

2
(※タピオカミルクティーかき氷は売り切れでした)

 
今回はそれぞれ1名様セットを選んで注文し、お店の中に入って着席。

7

目がほそいこのキャラクターは、もしかすると削るときめ細かく口の中でふわりと溶ける新食感かき氷のもととなる、素材の味を濃縮し凍らせた「フレーバーアイスブロック」でしょうか(表現参考:公式サイト)。

ちょうどよくフェイスサイズのキャラクターで遊ぶふたり。

3

そんなことをしているうちに、やってきました、かき氷!!
まずは ひらひらなーやん が頼んだ「杏仁かき氷」!

4

黒ゴマアイスとライチが添えられて、練乳とゼリーがセットでついてきます。

そしてこちらがわたしが頼んだ、期間限定「ピスタチオかき氷」!

5

ゼリーはないけど練乳がセットで、パンナコッタやストロベリーソース、ナッツが添えられていて贅沢です。

なお、念のため書いておくと、これでハーフサイズです。

普通サイズに見えますが、ハーフサイズです。
前にフルサイズも食べましたが、ひらひらの顔より大きかったです。

 
さあ、そんなことよりも。
とけないうちにさっそくぱくり!おいしい!(๑´ڡ`๑)

濃厚すぎて「杏仁以上に杏仁だ!」と叫ぶひらひら。
杏仁もピスタチオも黒ゴマもナッツも、すべてのアイテムがそれぞれ個々にしっかりと存在を主張してきます。なのに、口の中でふわふわっとなくなっていきます。

おいしい!!(๑´ڡ`๑)

他の人のカキ氷も味見しながらしばしもくもくとかき氷を食べ続けている最中に、セットドリンクがやってきました。

6

タピオカ入りホットドリンクは、タピオカそのものが甘く味付けされています。
どこまでも個々の存在がしっかりしているアイスモンスターです。

なお、かき氷で寒くなったり、甘くなった口の中が気になるときは、お水のかわりにもらえる白湯をひとくち飲むとほっとできます。ふう。

今回は仕事終わりにおやつ感覚で食べに行きましたが、ハーフセットメニューでお腹いっぱいになりました。どうしよう、これじゃ夜ごはんが食べられない!!と言いながら帰路についた3人なのでした。
 

「ICE MONSTER グランフロント大阪」
住所:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 ショップ&レストラン 南館7F
営業時間:11:00-22:00 ランチ営業、日曜営業
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27090643/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • たなな

    たなな

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから