HITTOBITO

カルチャー

スープストックトーキョーのおすすめスープ10選

2017年08月17日 

img

製麺所ちゃん からリクエストをもらったので、これまで幾度となくかよったスープストックトーキョーから、おすすめのスープ10選をご紹介したいと思います!

ちなみにわたしの好みは、具がないポタージュ系と、生姜たっぷり系、そしてトマト系。なお、スープをリストアップして かさやん に見てもらったら、好きなスープがほとんどかぶりませんでした…(悲)

店舗によって毎週メニューがかわるので、こちらのページから確認してみてくださいね。

 

生姜入り7種の野菜の和風スープ

何度リピートしているかわからないレギュラーメニュー。
ちょっと身体が冷えたかなというときは、あったか生姜スープであたたまるのが吉。野菜もたっぷり入っていて、しあわせゲージがあがります。⇒詳細はこちら

生姜入り7種の野菜の和風スープ

 

鯵(あじ)つくねと春雨の黒酢煮込みスープ

同じ和風スープでも、もう少し酸味がほしいな、ごろっとした食感がほしいな、というときはこちら。春雨のつるつると、つくねのほくほくは切っても切り離せない仲です。ほどよく口の中を引きしめてくれる黒酢が効いたスープはやみつきに。⇒詳細はこちら

鯵(あじ)つくねと春雨の黒酢煮込みスープ

 

えんどう豆と豆乳のグリーンポタージュ

具がないスープの特徴は、味が濃厚なこと!
えんどう豆のかおりが口いっぱいに広がって、姿は見えなくてもえんどう豆がいることを感じずにはいられません。えんどう豆特有のくさみもなく、とってもおいしいスープです。⇒詳細はこちら

えんどう豆と豆乳のグリーンポタージュ

 

とうもろこしとさつま芋のスープ

とうもろこしとさつま芋、食べずにはいられない組み合わせ!素材から染み出る、ひかえめでいて確かな甘味がたまりません。黄色&黄色のおいしそうな色味も食欲をそそります。やさしい味わい、間違いない黄金コンビ。⇒詳細はこちら

とうもろこしとさつま芋のスープ

 

北海道産かぼちゃのスープ

とうもろこしとさつま芋、ときたら、次はこれ!かぼちゃ!他とはまた一味違う、コクの深いかぼちゃの甘味がたっぷり詰まった濃厚スープ。たまりません(2回目)。⇒詳細はこちら

北海道産かぼちゃのスープ

 

東京参鶏湯(サンゲタン)

身体があたたまるスープ代表、参鶏湯。身体に栄養素を行きわたらせているという満足感とともに、風邪をひきそうな予感がしたら問答無用で食べます。どうでもいいですが、わたしはついサムゲタンと呼んでしまいます。季節限定の「栗と十六穀の参鶏湯」もおすすめ。⇒詳細はこちら

東京参鶏湯

 

牡蠣(カキ)のポタージュ

牡蠣の姿は見えずとも、ここに牡蠣あり!むしろ牡蠣しかいない!その他の要素がどこにもないと思うくらい、牡蠣です。これぞまさに飲む牡蠣。牡蠣が好きなら、これを食さないという選択肢はありません。⇒詳細はこちら

牡蠣(カキ)のポタージュ

 

マルゲリータスープ

イタリアンな気分なら、おすすめは断然このスープ。トマトのかおり、ごろごろとした鶏肉。そしてなんと言っても主役はモッツァレラ!スープに浮かんだモッツァレラチーズは、つるつるした舌触りなのに噛むと弾力があり、存在感十分。おいしすぎるともっぱらのウワサです。⇒詳細はこちら

マルゲリータスープ

 

野菜と鶏肉のトマトシチュー

同じくトマトの気分でも、少しあっさりめに攻めたいな、というときはこちらがおススメ。シチューながらさっぱりと食べられて、でもトマトスープを食べた満足感はしっかりと。ほろりとクセのあるセロリがいい仕事をしています。⇒詳細はこちら

野菜と鶏肉のトマトシチュー

 

芸術家のレモンと鶏肉のスープ

期間限定なのが残念すぎる、通年で食べたいおいしいスープ!瀬戸内産のレモンの輪切りが浮かぶクリームスープは、最後のひとくちまでレモンの存在を教えてくれます。ちいさめに切られた鶏肉とクリームスープ、そしていつまでも続く甘酸っぱいレモンの味とかおり!最高!⇒詳細はこちら

芸術家のレモンと鶏肉のスープ

  
以上、いつでも食べたいおすすめのスープ10選でした!
ぜひおためしあれヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • たなな

    たなな

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから