HITTOBITO

カルチャー

たいせつなのは見守ること「桜守のはなし」

2016年10月28日 

sakura

出典元:Amazon

社内で本好きアピールをしていたら、ちょっと前にガースーから佐野籐右衛門(さのとうえもん)さんの本がオススメ!と教えてもらいました。

古風なお名前だなぁと思いながら、さっそくカーリルで検索。
近くの図書館にあった「桜守のはなし」という本を借りてみました。

桜守(さくらもり)という聞きなれないこの仕事は、読んで字のごとく桜を守り育てる職人さんのこと。著者の佐野東右衛門さんは、京都の植藤造園の十六代目なのでした。

春になると、なにげなく「キレイだなぁ」と見ている桜は、なんと300種類以上もあって、まだまだ新しい新種が見つかっているのだとか。でも、そんなにあるのに種から育つ桜は「山桜」「大島桜」「彼岸桜」の3種類だけ。

花咲き誇る春だけじゃなく、夏、秋、冬も桜にとってそれぞれ大切な時期だということや、接ぎ木のしかた、桜守の七つ道具の紹介など、桜って奥深いなぁと感じさせられました。

毎年あたりまえのように咲いている桜も、あたりまえじゃなかったんだなぁと思うと、人の手のぬくもりや自然に思いをはせて、しみじみしてしまいます。

大型絵本の児童書に分類される本なので、文章がかんたんで、写真もたくさんあって、とても読みやすい「桜守のはなし」、ぜひ読んでみてくださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

※ちなみに、藤右衛門さんの本読みましたよ~とガースーに報告したら、「それもいいけど、『櫻よ』もオススメ!」と言われたので、そのうち読んでみようと思います。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • たなな

    たなな

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから