HITTOBITO

カルチャー

夜がやってくるまでのひととき「あおのじかん」

2016年11月24日 

img

出典元:Amazon

フランスの絵本作家、イザベル・シムレールさんの絵本「あおのじかん」を読みました。

おひさまが沈んでから夜がくるまでのあいだ、あたりがうすい青からふかい青にかわっていくまでのようすが、動物や植物たちとともに描かれています。

カタツムリが そらにむかってつんつん つのをたてたり
ほんのりあおいホッキョクギツネが くうきのなかへ歩いていったり
シロナガスクジラが あおいベールにつつまれて ほわっとしんこきゅう

どのページをひらいても美しい青に目をうばわれて、描かれているほそい1本1本の線がほんとうに美しく、いつまででも見ていられそう。

最初のページはうすい青、そこからだんだんと夜が近づくにつれ、最後のページは黒に近いふかい青になっていきます。そう、「あおのじかん」はどのページをひらいても、すべてが青いろ。なのに、おなじ青はどこをさがしても見当たらない、すべてのページがそれぞれに特別な青いろです。

裏表紙に描かれた色見本は、色の名前がとってもおちゃめ。

たとえば、ゆめのいろ、あかちゃんのぼうしのいろ、うんどうかいのそらのいろ、たいせつなボタンのいろ、そらとぶえんばんのいろ。ほかにもたくさんの、青いろ。

ちいさな子どもがいたら、毎晩でも読み聞かせしたいなぁと思いました。

ストーリーもイラストも最高に美しい「あおのいろ」、チャンスがあればぜひ読んでみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • たなな

    たなな

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

    芸術をこよなく愛する社会人芸大生。現代アートとコンテンポラリーダンスが好きなのに特技は日本舞踊というマルチな趣味を持つ。芸妓役で時代劇ドラマに出演したことあり。 システムエンジニアを経てWEBディレクターへ。大手家電メーカーのSNS支援やECサイトの構築、生協サイトの運営にたずさわる。論理的な考察と、わかりやすいライティングに定評あり。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから