HITTOBITO

カルチャー

ラーメンマンの愛するインスタントラーメン(袋麺)のランキング

2017年09月11日 

cover

ひっとびと開設一周年記念ということで、恐縮ではございますが、自宅で楽しめるインスタントラーメンをピックアップさせていただきました。
食べたことのない日本人は居ないんじゃないか?という位ド級のメジャーな5袋なので、今更感が強いですが、袋ラーメン愛に満ちたランキングをご紹介させていただきます。

 

第5位 うまかっちゃん

ハウス食品 / 1979年9月 / とんこつ / 縮れ麺

うまかっちゃん

「うまかっちゃん」という言葉は、博多弁の「おいしいんだよ」という意味らしいです

とんこつ味なのに、縮れ麺という未体験ゾーン。ミスマッチと思われる組み合わせですが、縮れ麺によく絡む美味しいスープで、癖になる一品です。
福岡の友人曰く、子供も頃の土曜昼食に食べる鉄板ランチということで、九州のソウルフード認定をいただきました。
● うまかっちゃん

 

第4位 サッポロ一番みそラーメン

サンヨー食品 / 1968年9月 / 味噌 / 縮れ麺

藤岡琢也さんが CM に出演された頃からのお付き合い

サッポロ一番みそラーメン

具材を入れずプレーンで食べても十分美味しいですが、サッポロ一番を食べる場合は、しっかりと野菜を取ることをおススメします。
白菜、シイタケ、人参を入れれば、季節お野菜を入れなくても十分食べ応えありですが、ゆで卵も忘れずに。小学生の頃は、土曜の定番ランチとして、我が家では刷り込まれました。
サッポロ一番みそラーメン

 

第3位 マルタイラーメン

マルタイ / 1959年11月 / 醤油 / ストレート細麺

マルタイラーメン

二食分入っているのも、嬉しいですね

今回、唯一の棒タイプの麺。他の袋麺特有の縮れ麺にはない、食べ応えのあるストレート麺にファンも多いはず。あっさり醤油風味で安定のマルタイラーメン。
同社の「博多とんこつラーメン」や「熊本黒マー油とんこつラーメン」に浮気した時期もありましたが、最終的にはベーシックな味に落ち着きました。
パッケージも可愛く、黄色い袋を見ると食欲をそそります。
マルタイラーメン

 

第2位 マルちゃん生麺(醤油味)

東洋水産 / 2011年11月 / 醤油 / ストレート中太麺

マルちゃん生麺

麺が断然に美味しい本格派乾麺

初めて食べた時の衝撃は、今も忘れません。味は塩や味噌、季節によっては冷やし中華など、バリエーションも豊富ですが、安定の醤油味が断然おススメです。
スープが脂っぽくなるのを避けるために、一般的な袋麺だとゆで汁と別にお湯でスープを作っていますが、生麺に限ってはゆで汁すら美味しく、余すところなく味わえます。

盛り付け例

家庭で食べる場合は、ナルトにほうれん草を和えれば、彩も鮮やかです。
マルちゃん正麺 醤油味

 

第1位 チキンラーメン

日清食品 / 1958年8月 / 醤油 / 縮れ麺

チキンラーメン

スグおいしい、スゴクおいしい

栄えあるベストオブ袋ラーメンは、チキンラーメンを選ばせていただきました。レペゼン安藤百福。
麺に卵ポケットと呼ばれる「くぼみ」が出来たり、少なめのお湯でつけ麺風の食べ方の提案など、進化が止まりません。小学生からの付き合いになりますが、誕生はなんと1958年の大先輩。おススメの食べ方をご紹介します。

卵ポケットに生卵を落として、ハムを添えます

熱湯を注ぎーの

開いた袋を器に被せて、3分蒸らしーの

出来上がりーの。

麺はパリパリする触感を残す位で食べるのが、ポイントです。これぞリアルインスタントラーメン!
チキンラーメン

 

番外編

ゆで卵を作るときに便利な、お役立ちアイテムを二つ紹介します。もうイライラせずに、ゆで卵を量産できます。どちらも100円ショップのダイソーさんで買えるので、是非、試してラーメンライフを充実させてください。

 

プッチン穴あけ器
卵の殻に針で小さな穴を開けることで、ゆで卵の殻をむく際に、身を崩さず殻をツルっとむくことができます。
タイマー
時間を計測せず、見た目で半熟や完熟の目途が分かります。

v

穴あけ器は背面に磁石がついてて、地味に便利です。男は黙って半熟卵ということで、MEDIUMがラーメンマンのお気に入り。

今回、私が選んだこの5選セットがひっとびと1周年キャンペーンの賞品にもなりましたので、ぜひご応募ください!

\キャンペーンのご応募はこちらから/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • まつじゅん

    まつじゅん

    ディレクター (東京支社)

    ディレクター

    (東京支社)

    身長182cmで声が低く程よく日焼けをしているので、男らしい印象だが、その見た目とは裏腹に彩りを意識した自作弁当を持参する男。好きな飲み物はビール。つまり女子力高めなおっさん。 本業は東京支社のWEBディレクター。サーバーにも精通していて、冷静に合理的に物事を進めていくタイプで、主に新規サイト立ち上げや、リニューアル案件の進行管理を担当している。

    身長182cmで声が低く程よく日焼けをしているので、男らしい印象だが、その見た目とは裏腹に彩りを意識した自作弁当を持参する男。好きな飲み物はビール。つまり女子力高めなおっさん。 本業は東京支社のWEBディレクター。サーバーにも精通していて、冷静に合理的に物事を進めていくタイプで、主に新規サイト立ち上げや、リニューアル案件の進行管理を担当している。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから