HITTOBITO

カルチャー

球児よりブラバンを応援したい!
高校野球応援歌のすゝめ

2018年08月24日 

baseball2

昨年から高校野球に興味を持つようになった、まつじゅんです。
正確には高校野球を応援するブラスバンドの演奏する応援歌が、いまアツイです。

 

そもそも甲子園って

明治神宮野球大会や国民体育大会などがありますが、知名度の高い春・夏の甲子園がイコール高校野球と呼んでよいと思います。

● 春の甲子園 ⇒ 選抜高等学校野球大会
● 夏の甲子園 ⇒ 全国高等学校野球選手権大会

一般的に夏の暑い時期に見る甲子園が、俗にいう甲子園ですね。毎年見る、坊主頭の高校球児や、自分より年下と思われる監督が印象的です。

baseball1

 

ブラスバンド部の奏でる、愛すべき応援歌

今回特筆すべき人たちはスタンドで汗をかく学ラン姿の応援団でも、敗退して泣いてしまうチアガールでもなく、ブラスバンド部です。

智弁和歌山の『アフリカンシンフォニー』や、天理の『ワッショイ』など、高校ごとのオリジナル曲も捨てがたいですが、今回はカバー曲を中心に紹介したいと思います。

 

1. サンバ・デ・ジャネイロ (アゲアゲホイホイ) / Bellini

昨年、去年と地元の神奈川予選を観戦しましたが、どの高校も必ずと言ってよいほど演奏する高校野球応援歌のスタンダードナンバー。もはやシャンパンコールです(笑)

曲の合間に入れる「アゲアゲホイホイ」という合いの手が、通称で浸透しているようです。正式な名称、というか原曲は「サンバ・デ・ジャネイロ」という、アゲアゲのキラーチューンです。

注目したい高校は、北海道の北海高校です。

 

2. See off (お米券) / BRAHMAN

私がブラバンに興味を持つキッカケになった曲で、BRAHMAN という日本のバンドの曲が原曲です。今の高校生は、原曲の存在を知らないかもしれませんね。

ちなみに高校野球ブラバン応援研究家の梅津有希子さんがTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』にゲスト出演した際に話されていた、北海高校@札幌では、北海道の CM に曲調が似ているため、同曲を「お米券」と呼ぶというエピソードが大好きです。

(梅津有希子)これ、去年いちばんビッグな謎がですね、北海高校アルプスに行った時に、吹奏楽部の子の楽譜を見たら「お米券」って書いている曲があったんですね。
【参照】 梅津有希子と安住紳一郎 高校野球ブラバン応援2017年最新トレンドを語る

 

初めて BRAHMAN を見たフジロックは、初の苗場会場になった99年。20年前、若い!

CM お米券、言葉を区切る感じが似ている!?

注目したい高校は BRAHMAN の地元、前橋育英高校@群馬。

 

3. 紅(くれない) / X JAPAN

X JAPAN というバンドの曲が原曲で、リリース時期を調べたら、1989年に発売された X の3作目のシングルみたです。エックスジャンプで、飛びます飛びます。

X JAPAN の YOSHIKI がインタビューで答えているように、歌詞に込められている前向きなメッセージが、今では定番の応援歌として定着したかもしれませんね。

甲子園で流れるのは本当に光栄で、うれしいですね。
【参照】 高校野球「刹那に生きる姿勢共感」 YOSHIKIさん

 

高音と低音の音程差がグッとくる関東第一高校@東京。テンポが早い!

 

4. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子

原曲はアニメ「エヴァンゲリオン」のOP。逃げちゃダメだ!というメッセージ性が、恐らく受け入れられているのでしょう。

ツインドラムが特徴的な日本大学第三高校@東京。
 

 

5. 夏祭り / JITTERIN’JINN

JITTERIN’JINN というスカバンドの曲が原曲です。Whiteberry という日本のガールズバンドが2000年にカバーしているので、幅広い世代に親しまれていますね。

プロ野球の方では、東京ヤクルトスワローズのチャンステーマ(応援チームの攻撃会でチャンス到来した時に、応援団が演奏する曲)も、この曲です。

注目したい高校は、野球で名前を見ることは少ないですが、全日本吹奏楽コンクールの超常連校である習志野高校@千葉です。

 

6. Bring On Nutty Stomper fun (スピードスター) / Oi-SKALL MATES

立て続けに、原曲がスカバンドの曲。こちら千葉ロッテマリーンズ時代の西岡選手の応援歌が、この曲でした。

注目したい高校は、明石商業高校@兵庫です。

 

7. さくらんぼ / 大塚愛

みんな大好き大塚愛ちゃんの曲が原曲です。にゃんこスターという芸人さんのネタでも使われていたので、一回は聞いた事があるのではないでしょうか。

本人がインタビューで答えているように、この曲も前向きなメッセージが応援歌として支持されているのでしょう。

「怖いものなしで突っ走る、行っちゃえ」みたいなところが勢いがつくと好まれているのかもしれませんね。
【参照】 さくらんぼ「恋の歌だけど…球場で演奏驚き」大塚愛さん

 

注目したい高校は、創志学園@岡山です。こちらもドラム早っ。

 

【次点】 USA / DA PUMP

2018年6月にリリースされた DA PUMP の新曲を、早くも大阪桐蔭がカバー。
さすが大阪桐蔭!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • まつじゅん

    まつじゅん

    ディレクター (東京支社)

    ディレクター

    (東京支社)

    身長182cmで声が低く程よく日焼けをしているので、男らしい印象だが、その見た目とは裏腹に彩りを意識した自作弁当を持参する男。好きな飲み物はビール。つまり女子力高めなおっさん。 本業は東京支社のWEBディレクター。サーバーにも精通していて、冷静に合理的に物事を進めていくタイプで、主に新規サイト立ち上げや、リニューアル案件の進行管理を担当している。

    身長182cmで声が低く程よく日焼けをしているので、男らしい印象だが、その見た目とは裏腹に彩りを意識した自作弁当を持参する男。好きな飲み物はビール。つまり女子力高めなおっさん。 本業は東京支社のWEBディレクター。サーバーにも精通していて、冷静に合理的に物事を進めていくタイプで、主に新規サイト立ち上げや、リニューアル案件の進行管理を担当している。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから