HITTOBITO

恵比寿

恵比寿で働くラーメンマン – 第9杯目「柚子塩ラーメン AFURI(阿夫利)恵比寿 @恵比寿(東口)」

2017年11月24日 

cover0

柚子塩ラーメン / ストレート細麺

スッキリ淡麗のスープで老若男女とわずファンの多い、神奈川発のラーメン AFURI(阿夫利)を紹介します。創業は2003年と、激戦区の恵比寿だと比較的古参の部類で、やはり土地柄 AFURI の営業時間もAM5時までとなります。

神奈川といえばスープがこってり豚骨醤油の横浜家系ラーメンに着目されがちですが、神奈川淡麗系ラーメンは豚骨醤油と正反対のスッキリスープで、市民権を獲得した人気ジャンルの一つです。

ラーメン スープ
神奈川淡麗系 あっさり(醤油・塩) ストレート細麺
横浜家系 こってり(豚骨醤油) ストレート太麺

 

恵比寿の阿夫利を目指します。まず恵比寿駅から駒沢通りに出て、明治通りを目指します。

西口を出て右側に向かいます

恵比寿駅西口改札を左折します

駒沢通り

駒沢通りに出たら右折します

バス停奥を右折

10mほど進むと左側に店舗発見

早速今回は、王道の柚子塩ラーメンを注文しました。時間帯によっては並ぶこともありますが、スムーズに着席できた場合は、注文から間もなくラーメンが出てきます。この日は、時間にして3分ほど、早い!

塩ラーメンといえば細麺が王道と思いますが、最近の塩ラーメン、特に鶏ベースのスープでよく見られる全粒粉入りの小麦麺は、個人的に相性抜群と思います。

柚子塩ラーメン

柚子塩ラーメン

ここ AFURI の柚子塩ラーメンも、ご多分に漏れず全粒粉入りの小麦麺で、心地よい食感に加えて、小麦の香ばしさでシンプルな塩スープが際立ちます。この細麺や、細切りメンマ、水菜など主張の強くない見た目とは裏腹に、柚子が香り深いスープがスッキリながらもシッカリした味のため、とても食べ易くまとまっています。

全粒粉入り細麺

全粒粉入り細麺

ちなみに今回は、柚子塩ラーメンを選びましたが油の量と、チャーシューが選択可能なので、その日の好みで組み合わせるのもアリですね。

淡麗 or まろ味??

スープに入れる鶏油(ちーゆ)の量は、淡麗 or まろ味??

お好みのチャーシューは、どちら??

チャーシューは、炙り or 鶏でセレクト可能です

完食

阿夫利山の登頂に成功

ラーメンは季節限定のメニューもあるため、通年を通して飽きることなく楽しめそうです。夜も遅くまで営業しているため、夕食のラーメンにハイボールに柚子と決め込むのも、なかなか相性良さそうです。

ハイボール

AFURIハイボール<香る>柚子

恵比寿横丁の裏側にあるので、横丁前に、横丁後にと、使い勝手のよさそうな立地なので、恵比寿横丁に来た際に、立ち寄り食べてもらいたい一品です。

恵比寿横丁

恵比寿横丁

なお AFURI は神奈川の相模に系列店がありまして、姉妹店の ZUND-BAR @厚木や、姉妹店の親にあたる中村屋@海老名など違ったラーメンも楽しめます。
店名は丹沢山地の一部となる大山(通称・阿夫利山)が由来とのことで、AFURI を気に入った方は、是非、相模まで行かれてみてはいかがでしょうか。

【柚子塩ラーメン】 950円
【営業時間】 11:00~5:00
【住所】 東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F
http://afuri.com/

白い看板が目印

白い看板が目印

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • まつじゅん

    まつじゅん

    ディレクター (東京支社)

    ディレクター

    (東京支社)

    身長182cmで声が低く程よく日焼けをしているので、男らしい印象だが、その見た目とは裏腹に彩りを意識した自作弁当を持参する男。好きな飲み物はビール。つまり女子力高めなおっさん。 本業は東京支社のWEBディレクター。サーバーにも精通していて、冷静に合理的に物事を進めていくタイプで、主に新規サイト立ち上げや、リニューアル案件の進行管理を担当している。

    身長182cmで声が低く程よく日焼けをしているので、男らしい印象だが、その見た目とは裏腹に彩りを意識した自作弁当を持参する男。好きな飲み物はビール。つまり女子力高めなおっさん。 本業は東京支社のWEBディレクター。サーバーにも精通していて、冷静に合理的に物事を進めていくタイプで、主に新規サイト立ち上げや、リニューアル案件の進行管理を担当している。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから