HITTOBITO

カルチャー

夏休みの自由研究!

2017年09月06日 

KIMG1243

長かった夏休みも、もう終わろうとしています。そうです、次女の夏休みの宿題がヤバイです。特に自由研究。そこで、私が勝手におススメするのは、ズバリ、身近な生き物の観察でしょ!

100均の網と虫かごを持って出発!

KIMG1148

台風が去って、川の流れも穏やかになった、とある晴れの日。自宅(滋賀県)から、次女が通う小学校へ向かいます。

KIMG1162

自宅から徒歩5分の小学校の中を流れる中の井川に到着。写真は、駅に行く途中にかかっている橋。奥が小学校。

KIMG1155

駅から徒歩5分のところでも、野生生物がたくさんいるのも滋賀県の良いところ。6月には自転車でちょっと遠出すれば、天然のホタルも鑑賞できます。

メダカもいいけど、やっぱ淡水エビでしょ!

KIMG1156

この時期、メダカやホンモロコの稚魚がウヨウヨ泳いでいて、網ですくうといっぱい採れます。が、捕まえても、すぐに逃がします。なぜなら、炎天下で虫かごの中の水温がすぐに上がってしまい、捕まえた稚魚があっという間に☆になってしまうからです。

KIMG1157

そこで、狙うは、水草に隠れた淡水エビ。稚魚に比べて水温の変化にも若干耐えられる。

KIMG1158

とりあえず、自由にやらせます。何も教えずとも、勝手にいそうなところを探索。

面白いぜ!水生生物

KIMG1168

こういう、水草が生えた根っこあたりにいろんな水生生物がひっそり隠れている。私の子供の頃は、タガメやゲンゴロウなど、めずらしくもなかったのですが、今や両方とも絶滅危惧種。

Unicode

800px-Predaceous_diving_beetle

(上)タガメ(田鼈、水爬虫)は、カメムシ目・コオイムシ科に分類される昆虫の一種。日本最大の水生昆虫で、日本最大のカメムシ。Wikipediaより

(下)ゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ、オオゲンゴロウ、並源五郎)は、コウチュウ目ゲンゴロウ科ゲンゴロウ亜科ゲンゴロウ族ゲンゴロウ属の水生昆虫。Wikipediaより

ちなみに、タガメはおしりの先のシュノーケルのような管を水面に突き出して空気を吸っている。まるで忍者のすいとんの術。かっこいい!

KIMG1166

と、タガメ探索に夢中になっていて、次女をほったらかしに。ゴメンね。

淡水エビを観察して、レポートにまとめる

KIMG1174

残念ながら、タガメは見つかりませんでしたが、淡水エビ3匹ゲット。恐らく、日本に広く分布しているヌマエビの仲間。

KIMG1192

透き通った身体で、一生懸命小さいハサミでコケをついばむ仕草はどこか愛くるしい。

KIMG1244

次女は、レポート用紙3枚中、1枚で終了(笑)。残り2枚に写真を適当に張り付けてました・・・う~ん、こんなんでいいのか?

最後に

KIMG1245

3匹のヌマエビ達は、我が家の60cm水槽の仲間に。先輩のミナミヌマエビ達とも仲良く暮らしてくれることと思います。そして、水質汚染により水生生物の数が減っている現在、子供達に生き物の素晴らしさを伝えていくべきだと妻に力説したところ、「どうでもええけど、早くこの邪魔な水槽どっかやって!」と怒られました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ノガちゃん

    ノガちゃん

    総務 (大阪本社)

    総務

    (大阪本社)

    ブルースリーに憧れ、「考えるな、感じろ」と胸に抱いて、休日は録画したテレビ番組を見ながらポテチを食べている。最近は子供の金魚飼育がきっかけで熱帯魚にハマり「グッピー増えすぎ~♪」と楽しんでいる。 フューチャーヒットの経理や人事、庶務など総務全般を担当。 従業員の役に立ちたいという熱い想いを込めて、日々Excelに向き合っている。

    ブルースリーに憧れ、「考えるな、感じろ」と胸に抱いて、休日は録画したテレビ番組を見ながらポテチを食べている。最近は子供の金魚飼育がきっかけで熱帯魚にハマり「グッピー増えすぎ~♪」と楽しんでいる。 フューチャーヒットの経理や人事、庶務など総務全般を担当。 従業員の役に立ちたいという熱い想いを込めて、日々Excelに向き合っている。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから