HITTOBITO

手作り

マイニングリグを作ってみた ~運用・増設~

2018年02月21日 

Geforce GTX1060

前回、家に余ったパーツを使ってマイニングリグを制作しました。

実質収支は採掘量に波があり常に一定量の結果が得られる訳ではありませんでしたがおおよそ予想通りの収支となりそうです。

そこで、一つグレードの高いグラフィックボードを購入する事にしました。

このグラフィックボードが超品薄の上、値上がりまでしています。幸い値上がり前に注文出来ましたが、投資額に影響する部分ですので重要です。

 

到着したグラフィックボードは、Geforce GTX-1060 6GBメモリ 早速リグに搭載します。

IMG_8127

ついでに冷却ファンも追加し一枚のボードに1個ファンを付けています。

結局の所余ったPCではボードが2枚しか繋げませんので全部新調しました。

 

IMG_8129

イーサリアムの採掘グラフですが

グラフ左側

GTX-1050Ti 1枚

14MH/s

グラフ右側

GTX-1050Ti  1枚

GTX-1060   2枚

 

14MH/s

19MH/s ×2

合計  52MH/s

明らかにハッシュレートが上がっています。

 

途中増設しましたが約一か月で、0.05ETH がウォレットに入金されました。

Linux ベースのEthOSで採掘していましたが、一旦入金が有りましたので、マイイング先も含めて見直しをします。

 

今回は効率が良く信頼性の高い通貨と採掘ソフトを検討し新しくシステムを再構築します。

そこで現在の構成とハードは同一ですが、Windows10Pro に NiceHash Ver.2 を使いBitCoinの採掘に挑戦します。

IMG_8148

 

グラフィックボードの管理ツールやマイニングソフトなどGUIで管理出来るうえ、VNCで外出先からでもリモート管理出来ます。

あまり頻繁に触る事は有りませんが、いざという時便利です。

 

IMG_8147

現時点で収支と収支予想ですが、

1日当たり 0.0004 BitCoin ( 約 400円 )

1ヶ月当たり 0.012 BitCoin ( 約 1,2000円 )

円換算は1BitCoin 100万円で計算。(レートにより変動します)

 

設定を調整してもう少し効率良く採掘できるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • にっしぃ

    にっしぃ

    セールスエンジニア (大阪本社)

    セールスエンジニア

    (大阪本社)

    休みの日も自宅のPCやらサーバーやらを触り倒している根っからのオタク気質。のくせに、見た感じそう見えない。最近奥さんとお子さんとゴルフをはじめたらしい。 セールスエンジニアとしてディレクターや営業をサポートするシステムのプロフェッショナル。クライアント目線に立ち、クライアントのビジネスを成功させるという観点でシステム設計を行う。

    休みの日も自宅のPCやらサーバーやらを触り倒している根っからのオタク気質。のくせに、見た感じそう見えない。最近奥さんとお子さんとゴルフをはじめたらしい。 セールスエンジニアとしてディレクターや営業をサポートするシステムのプロフェッショナル。クライアント目線に立ち、クライアントのビジネスを成功させるという観点でシステム設計を行う。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから