HITTOBITO

お出かけ

【肉テロ】東京の超人気店「肉山」バンコク店にて【Wagyu】

2018年07月19日 

eyecatch

わたるんです。

7/1から7/17まで、この会社に入ってからは最長となる出張に出ています。滞在先はタイ王国はバンコク。土日もなく、大型プロジェクトの遂行に向けて尽力しています。

そんな日々の最大の楽しみは、やはり食事。

滞在期間中最後の日曜日となる7/15に、取引先と一緒に肉山バンコク店に行ってきました。

肉山といえば、東京の超人気店。何でも日本では既に2018年分の予約は埋まってしまっているとか。バンコクではまだ予約OKのようで、取引先に予約してもらって一緒に食べてきました。

地図はこちら。バンコクのBTSプロンポン駅からちょっと歩いた先です。このエリアは日本人始め外国人が多いこともあり、各種様々なグルメを楽しめるエリアになっています。

ひっそりとした入口。レインヒルという複合施設の中にあります。29です。ニク。

0001

メニューはこんな感じ。食事はお任せのみ。2,400バーツは直近の為替で約8,103円。100バーツちょっとでランチを食べられる国では安いとはいえないディナー(ちなみにバンコクの大卒1年目の給与が20,000バーツ程度)ですが、それに見合うだけのクオリティを味わうことができました。

0002

今回のお任せコースは、こんなラインナップでした。

  • 湯引きユッケ
  • オーガニックハーブ豚ロースのハム
  • エリンギ
  • オーストラリア牛のハラミ
  • 炙り和牛のタタキ
  • ベビーコーン
  • 北海道産赤牛のモモ肉
  • トンカツ
  • 短角牛
  • 冷やしキュウリ
  • 黒毛和牛のサーロイン
  • カレーライス / 肉茶漬け

お酒は300バーツで持ち込み可。すぐ近くにいい感じのワインショップがあります。そこでアルゼンチンワインを仕入れていきました。

席について一息してから、魅惑の刻が始まります。写真は全て2人前です。

着席時点で、薬味と前菜が既に配置済み。おいしいお肉にはワサビが合いますよね。

0003

最初の1品目は、湯引きユッケ。ほどよい噛み応えで味が染みていて、1皿目から出色です。

0004

その次が、オーガニックハーブ豚ロースのハム。上品な甘みの脂身が衝撃的。

0005

3番目エリンギ。こんな形で出てくるエリンギは初めてでしたが、ふわっとした触感でおいしかったです。ビールにも合います。

0006

4皿目。オーストラリア牛のハラミキタ━(゚∀゚)━!! 説明は不要な、ルビーのごとき赤身。

0007

続いては、炙り和牛のタタキ。これもまた美味。少し前にバーナーで炙られてました。

0008

6皿目はベビーコーン。優しい甘さで、口の中をいったんリセットします。

0009

7皿目は、北海道産赤牛のモモ肉。噛めば噛むほど味が出ます。

0010

8皿目で、まさかのトンカツ! 脂身少なめのカツを楽しみました。サクサク感は控えめ。

0011

9皿目は短角牛のお肉。岩手県の名産品みたいですね。

0012

冷やしキュウリが10番目に出てきて、再び口の中をさっぱりさせます(写真撮り忘れました)。

11皿目が本日の本命。黒毛和牛のサーロイン。普段食べている肉とは全然違いますなぁ…。

0013

12番目は、締めのごはん。カレーライスと肉茶漬けから選べます。私は写真右側の牛肉茶漬けをオーダー。出汁がとても利いていて美味!

0014

これにて豪勢な夕食は終わり。20時からの2時間、肉と会話とワインのおいしい時間を堪能しました。

「肉は食べ放題!」「厚ーいステーキがいいよね」というのもよくわかるし、私も普段は厚いステーキをミディアムレアで食べる方がいいかも。でも、お肉の本来の味を楽しむ会食も素晴らしいもので、ガツガツと「肉欲」に溺れる(用法違)時とは異なる景色を見ることができました。次は、今のPJTが成功したら来ようかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • わたるん(ゲストライター)

    わたるん(ゲストライター)

    フューチャースピリッツ グローバル事業本部

    フューチャースピリッツ グローバル事業本部

    社内では希少な北関東出身。栃木県→東京都→マレーシア→東京都というオデッセイを経て、現在はフューチャースピリッツ京都本社で海外事業の一端を担う。東京時代はWEBディレクターだったが、マレーシア駐在時に流した苦労を糧に、今は海外事業に関連する業務全般(特に事業開発、商品開発、営業、管理等)を担当。趣味は旅行。ASEAN加盟国全てを回り、各国でラーメンを食べてきた。外国で身の危険を感じたことはほとんどないが、激昂したタクシー運転手から回し蹴りを食らいかけたことはある(ひらりと身をかわした!)。1977年生まれ。

    社内では希少な北関東出身。栃木県→東京都→マレーシア→東京都というオデッセイを経て、現在はフューチャースピリッツ京都本社で海外事業の一端を担う。東京時代はWEBディレクターだったが、マレーシア駐在時に流した苦労を糧に、今は海外事業に関連する業務全般(特に事業開発、商品開発、営業、管理等)を担当。趣味は旅行。ASEAN加盟国全てを回り、各国でラーメンを食べてきた。外国で身の危険を感じたことはほとんどないが、激昂したタクシー運転手から回し蹴りを食らいかけたことはある(ひらりと身をかわした!)。1977年生まれ。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから