HITTOBITO

お出かけ

由比ガ浜 道路越しの海とアイスどら焼きとフィジーカー 鎌倉プチ旅パート2

2017年09月05日 

kamakura20009

竹林の庭が美しい報国寺で抹茶を楽しんだ前回、次の目的地は。。。。
湘南!
電車から見える海がみたい!
稲村ケ崎駅から腰越駅間は海岸沿いを電車が通り車窓から海が見えるとのことで張り切って江ノ電へ!

kamakura20001

ホームは人だかりです。これでは車窓からの海は絶対に見えない。
そこで鎌倉から一番近いビーチに行くことにしました。鎌倉駅から3駅目の長谷駅で早々に下車。

kamakura20002

小さな駅の改札を出て左へ。
一緒に電車を降りた人たちはほとんど右へ曲がっていきます。なんだろうと思いながら調べると鎌倉といえばの鎌倉大仏はこの先の高徳院でした。下調べをしていないとこういうことになります。

フィジーカーの聖地 由比ガ浜海水浴場

大仏さんはあとで寄ることにして
由比ガ浜海水浴場に到着~!

kamakura20008

昔ながらの海水浴場、海の家「パパイヤ」。

あとで知ったのですが湘南の海、特に由比ガ浜はフィジーカーがたくさん集まり交流するビーチ、いわば「フィジーカーの聖地」だそうです。フィジーカー。。。そういえばもぐもぐメタルから聞いたことがある!ボディビルほどいきすぎない程度にバランスよく体を鍛える人たちがいて、それを競う大会があると。

残念ながら(?)私が行ったときにはお目にかかれず、かわりに楽しそうな家族連れを眺めながらひとりでしばらくぶらぶら。暑さが限界になってきたところで、個性豊かな海の家のに後ろ髪をひかれながらも、ビーチと反対側にカフェを発見し避難。

道路越しに海を眺めるカフェ「Daisy’s Cafe」

kamakura20004

窓全開の、いい感じにくたびれた落ち着いたカフェです。
国道134号線越しではあるけれど、海が見える席に座ってほっと一息。

kamakura20005

kamakura20003

壁に絵がかかっている店内。イケメンの外国人さんがひとりで絵を描いていたり、地元の方らしいご夫婦。こちらも旦那様は流暢な日本語を話す外国人。旅行者らしき男性二人連れ、ビーチのにぎやかさとは対照的にまったりした時間が流れています。

kamakura20006

オーダーしたのは 沖縄風タコライス。由比ヶ浜で沖縄風。。。Daisy’s Cafeは沖縄にもお店があるんですね。
ほんとにカラッと日差しが強くとても暑かったのでトマトの酸味が爽やかなタコライスはわれながらナイスチョイス!
とてもおいしかったです。

何も考えずに、ぼーーーーーーーっとよい時間を過ごせました。

鎌倉大仏を見に行くならぜひ!「するがや」のアイスどら焼き

帰り道、長谷駅に近づくと、というか長谷駅のとなりに
「アイスどら焼き」の文字が!!!電車降りた時はあまりの人込みで気づいてなかった!

kamakura20012

kamakura20010

どら焼きソフトも気になるけれど、やっぱり宇治抹茶アイスどら焼き。抹茶アイスと粒あんのハーモニー。

ベンチに腰かけて食べることができたので店内でいただきました。テイクアウトで食べ歩きもできますよ。
間違いなくおいしい。

幸福はカロリーの向こう側にある は名言です。

冷たく甘い幸せに満たされてご機嫌で帰路につきました。そして愛嬌のある江ノ電に乗り、もうすぐ鎌倉駅に着くあたりで気づくのです。大仏を見に行くのを忘れていた、と。

kamakura20014

次回は車窓越しの海にチャレンジ!

デイジーズ・カフェ 鎌倉店 (Daisy’s Cafe)
住所/神奈川県鎌倉市長谷2-8-11

鎌倉 するがや
住所/神奈川県鎌倉市長谷2-14-11
営業時間/10:00~17:00 定休日:水曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • なーやん

    なーやん

    プランナー (大阪本社)

    プランナー

    (大阪本社)

    趣味が山登りなロハス人間。人に優しく、自分に厳しく、仕事に真摯に向き合う姿勢は完璧な人と思われがちだけど、ヒールのかかとが溝に挟まって右往左往している姿をよく目撃されている。そのためマンホールや溝には人並みならぬ憎悪を抱いている。 プランナーとしてWEBだけではなく、クライアントの成功を俯瞰的に見たトータル的な企画を行う。困っている人がいると放っておけない性分で社内でも頼られる姐御肌。

    趣味が山登りなロハス人間。人に優しく、自分に厳しく、仕事に真摯に向き合う姿勢は完璧な人と思われがちだけど、ヒールのかかとが溝に挟まって右往左往している姿をよく目撃されている。そのためマンホールや溝には人並みならぬ憎悪を抱いている。 プランナーとしてWEBだけではなく、クライアントの成功を俯瞰的に見たトータル的な企画を行う。困っている人がいると放っておけない性分で社内でも頼られる姐御肌。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから