HITTOBITO

お出かけ

鎌倉・報国寺「竹林でお抹茶」をしてきたよ 鎌倉プチ旅パート1

2017年07月20日 

kvkamakura0023

梅雨の晴れ間、カーテンを開けるとぴーかんによい天気。

「そうだ!鎌倉に行こう!」

鎌倉といえば・・・・
鎌倉大仏、銭洗弁天、人力車、雪の下、鶴岡八幡、などなど見どころはいっぱい。
たくさん周りたかったのですが17時には横浜あたりまで戻らないといけない事情があり、狙いを定めて報国寺に決定。

報国寺はJR鎌倉駅よりバスで約15分

JR鎌倉駅東口 京浜急行バス5番のりばから23,24系統「鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景行き」「ハイランド行き」に乗り「浄明寺」でおります。15分ほど。
13時前ぐらいのバスに乗ったのですがかなり混んでいました。もしかしたら後ろのほうに並んでいた人は乗れなかったかも。。11時から15時は混雑するようです。バスは早めに並ぶのをおススメします。
そもそも朝早くにいった方がいいに決まっている、とも、この後、実感します。

さて、車中から鎌倉の街並みや人力車が人を乗せて走っているいるのを今日は暑いだろうなと眺めているうちに「浄明寺」に到着。

kamakura0005

道標にそってすすむと2分ほどで報国寺につきます。ちなにみに報国寺は臨済宗のお寺。日曜日には座禅もできるようですね。

報国寺「竹の庭」

kamakura0007

紫陽花にゆかたの女性たちが雰囲気を醸し出し期待が高まります。

kamakura0015

門をくぐり奥に進むと本堂があり、まずは一礼。

そのあと拝観料を払いいよいよ竹の庭へ。抹茶も楽しむ場合はこちらで抹茶付きの拝観チケットを購入します。拝観料200円 抹茶付き700円。中に入ってしまうと購入はできません。

kamakura0020

ドーンといきなり竹林。

この日は30度を超す暑さでしたが竹林の中にはいると幾分涼しく、癒されます。
ちょっとこじんまりしてます。たしかに「竹の庭」、お庭なんですね。

kamakura0022

順路の途中に休耕庵が見えました。ここで抹茶をいただきます。

竹の庭を愛でながらお茶

チケットを渡して番号札をもらい席でまちます。席は庭に面した席から後ろに3列ほど並んでいて、2列目で待っているときに抹茶の番号を呼ばれてしまいました。
せっかくだから一番前で飲みたい。すこし我慢していよいよ一番前へ。
左手に静かに落ちる滝、目の前には苔むした岩と竹林。お抹茶は飲みやすいお薄です。ほっとひと息ついて風情のあるお庭を眺めます。

kamakura0026

本当はもっとじっくりこの雰囲気を味わいたい、となるところなのでしょうが後ろに並ばれているとあんまり癒され感がありません。

これってやっぱり開門と同時ぐらいに来たほうがいいよねと心の底から思いました。

というのも、やはり人が多すぎて竹林の凛とした空気は味わえなかったのです。

kamakura0018

点在するお地蔵さんや苔むした灯篭

kamakura0010

あざやかな紫陽花

kamakura0034

枯山水のお庭

kamakura0038

美しい佇まいの鐘
などなど報国寺をもっと堪能できたはず、と自分の朝寝坊を恨むばかり。また季節を変えて来ようとリベンジを胸に、次は江ノ電に乗って「長谷」に向かいます!(つづく)

臨済宗建長寺派 報国寺
住所/鎌倉市浄明寺2丁目7番4号
拝観時間/9:00~16:00
拝観料/200円 抹茶(干菓子付)/500円
http://www.houkokuji.or.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • なーやん

    なーやん

    プランナー (大阪本社)

    プランナー

    (大阪本社)

    趣味が山登りなロハス人間。人に優しく、自分に厳しく、仕事に真摯に向き合う姿勢は完璧な人と思われがちだけど、ヒールのかかとが溝に挟まって右往左往している姿をよく目撃されている。そのためマンホールや溝には人並みならぬ憎悪を抱いている。 プランナーとしてWEBだけではなく、クライアントの成功を俯瞰的に見たトータル的な企画を行う。困っている人がいると放っておけない性分で社内でも頼られる姐御肌。

    趣味が山登りなロハス人間。人に優しく、自分に厳しく、仕事に真摯に向き合う姿勢は完璧な人と思われがちだけど、ヒールのかかとが溝に挟まって右往左往している姿をよく目撃されている。そのためマンホールや溝には人並みならぬ憎悪を抱いている。 プランナーとしてWEBだけではなく、クライアントの成功を俯瞰的に見たトータル的な企画を行う。困っている人がいると放っておけない性分で社内でも頼られる姐御肌。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから