HITTOBITO

カルチャー

飛行機写真初心者が考える飛行機の撮り方 その2

2017年05月16日 

20170511

飛行機ネタが意外と好評なようで、第二回を書きますなっきーですこんばんは。

 

フルサイズのPENTAX K-1を手に入れた私に、撮れないものは無いのだ。

 

 

 

と、久しぶりに挑んできたのでありました。

 

 

で、今回のポイントは場所から考えた。

前回は飛び立っていく背中から追いかけていたわけですが、今度は反対側から狙う。

 

ちなみにこちら側、ものすごいサウンドで飛行機が迫ってくるので、小さなお子様にはおススメしません。

 

247484807_org.v1494050605

 

こんな感じで飛んでくるんですね。

 

 

 

でも、その分迫力ある写真が撮れます。

247484784_org.v1494050409

 

前回色々と撮り方について考えましたが、スケール感を出すには比較対象入れるとより良いです。

 

 

247484792_org.v1494050605

 

こんな感じでたくさんの人がカメラを向けたり手を振ったり。

沢山の人に愛されてるんだなーなんて思えてきませんか?

 

 

 

247484766_org.v1494050409

 

 

この後もしばらく、機嫌よく撮ってたら。

 

 

 

「風向きが変わったので着陸は反対側に変わりましたー!」

 

 

 

と、飛行機マニアっぽい人が叫んでる。

 

 

 

 

・・・せっかく高速飛ばして一時間以上かけて来たのに、このザマよ。。

 

 

 

それでも飛んでいく飛行機を暫く撮りながら。

 

247484822_org.v1493900896 247484817_org.v1494050412

 

 

離陸前だったか、着陸後だったかの777も。

 

247484804_org.v1494050412

 

 

他にも色々と撮ってはいたのですが、小一時間ほどで退散。

 

 

 

 

なんか消化不良だったので、なっきー考えました。

 

 

スマホのアプリ「スナップシード」を使って、もっとドラマチックにしてやろう、と。

 

 

もはや、飛行機写真関係なくなっていますが。

 

247663451_org.v1494255773

247663550_org.v1494255773_2 247663538_org.v1494255780_2 247663542_org.v1494255773_2

先に紹介した写真と比べてどうでしょう。

 

邪道、と言われればそれまでですが、結構雰囲気変わりますね。

 

247663470_org.v1494255780 247663475_org.v1494255774 247663487_org.v1494255773  247663504_org.v1494255773  247663572_org.v1494255772  247663595_org.v1494255730 247663615_org.v1494255731

247663516_org.v1494255780

 

こんな風に、雲があれば「ドラマチック」に変換してくれます。

 

これ、オリンパスのカメラに付いているアートフィルタ「ドラマチックトーン」に似てるのですが。

 

わざわざオリンパスのデジカメ買うのもなーなんて方におススメ。

 

iOS版 SnapSeed

Android版 SnapSeed

 

 

他にも色々なフィルタや加工ツールがあって、手軽に加工を楽しめます。

247663568_org.v1494255772

 

 

と、飛行機写真の話と見せかけて、アプリの紹介記事でした(ぉぃ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • なっきー

    なっきー

    ソリューションプランナー (大阪本社)

    ソリューションプランナー

    (大阪本社)

    カメラと車の話題になると彼をとめられる者はもはや存在しない。社内でも有名な愛妻家であり、ツインテール評論家でもある。2児のパパ。近頃ギャグのセンスがあがってきた(自称)。 本業はWEBディレクターとして、京都の有名な寺社や航空会社、新聞社などのサイトを幅広く手掛ける。苦境に立たされてもめげない強さとひとあたりのよさには定評がある。

    カメラと車の話題になると彼をとめられる者はもはや存在しない。社内でも有名な愛妻家であり、ツインテール評論家でもある。2児のパパ。近頃ギャグのセンスがあがってきた(自称)。 本業はWEBディレクターとして、京都の有名な寺社や航空会社、新聞社などのサイトを幅広く手掛ける。苦境に立たされてもめげない強さとひとあたりのよさには定評がある。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから