HITTOBITO

カルチャー

舞妓さんに会える!京都で外国の友達を案内するなら『お座敷体験』がオススメ

2018年05月23日 

アイキャッチ_舞妓さん

外国の方向けにお座敷を体験できるサービスを運営されているS-fleageさんからご招待頂き、同僚のたななと行って参りました。

 

あたくし、生まれも育ちも京都なのですが、逆によく知らない世界。

今回、そんな世界を少し覗き見できたように思います。

 

 

会場は風情のあるお料理屋さん

さて、会場となる「八坂通り 燕楽」さん。

 

近くには法観寺さんの五重塔が見えたり、少し歩くと建仁寺さんがあったりと、京都観光で訪れる場所としてもおススメです。

K1IM7647 K1IM7664

 

 

そんな場所で、たななと待ち合わせ。

予めGoogleマップで会場傍にあったスペースを指定していました。

「ここだな・・・。」とスマホのマップから視線を上げると目の前にこんな掲示が。

K1IM7656

あぁ・・・スペースだと思っていた場所はゴミ置き場だったようだ。。

 

これはマズい、バレる前に合流せねば・・・ということで、建仁寺さんの境内で無事にたななと合流。

なんとか取り繕うことができました(滝汗

 

 

クルマでも安心の駐車場群

今回、カメラ機材をいくつか持参しておりましたが、重かったので車で伺いました。

京都市内だと、駐車場なんてどこも高い!と思っていたら、会場のすぐ近くにこんなところがありましてね。

K1IM7672 K1IM7671
私が伺った時間が夕方17時頃でしたが、特に混み合っていることも無くすんなり止める事ができました。

ここ以外にもいくつかありましたので、お酒を飲まない場合は車で行くのもアリでしょう。

 

 

早速会場へ潜入

正直、こういう高級そうなお店なんて馴染みがないもんで。

K1IM7654

実は相当緊張していました。

IMG_9054

背中で緊張が伝わるでしょう?

 

K1IM7676

 

でも、一緒に吊るされていたこの提灯だけは親近感(ぇ

K1IM7678

 

早速中へ入ります。

K1IM7681

K1IM7682

 

用意された席につき、舞妓さんが登場するまでソワソワしながら待ちます。

K1IM7686

こういう時、

K1IM7690

手元にあるものを無駄に撮ってしまうので、

K1IM7692

後から見返すと「ナンダコレ」的な写真も沢山あるのが悩みです(テレ

 

こんな感じのおばんざいがすでにテーブルへ設置されていたので、少しつまみながら待ちます。

 

 

京都観光に訪れる外国人に大人気

お待ちかね、スタッフさんからの紹介で舞妓さん登場!

 

けっしてマイコー(マイケル)さん・・・ではありません(は?

K1IM7702

 

 

まず最初に、挨拶代わりにと踊りを披露してくれます。

K1IM7714

K1IM7729

一気に「京都へ来たなぁ」という気持ちにさせてくれます。

 

踊りの後は、舞妓さんの説明タイム。
ちなみに説明は英語でのみ、私はジャパニーズオンリー・・・。

とりあえずニコニコしながら、うんうんと頷くのです。

 

あとでこっそりたななに聞いたところ、髪飾りの事や帯のこと、髪の毛は地毛で1週間に1回しかほどけないから夏は最悪だとか、着物で外を歩く時の歩き方などなど、興味深い話をしてくれていたようです。

K1IM7740

皆さん色々な国から来られているとのことでしたが、食い入るように聞いておられました。

 

こういうシーンに出くわすと、やっぱりイングリッシュはスタディせないかんなぁと思うのであります。

 

 

次は1テーブルごとに舞妓さんとおしゃべりタイム

K1IM7759
舞妓さんは英語ではなく京言葉で話されますが、通訳が入るので日本語がわからなくてもOK!

「どうして舞妓になろうと思ったの?」「休みの日は何しているの?」など、積極的な質問が飛び交っていました。

K1IM7800

 

舞妓さんが他のテーブルにいるあいだはお料理を楽しんだり、S-fleageのスタッフの方とおしゃべりしたり。

IMG_9084

スタッフさんと少しだけお話しをさせてもらいましたが、なんと!この仕事に就く前はハードロックカフェで調理師をしていたのだとか!

もともと着物や和小物が好きだったのと、英語を使える仕事がしたいと思い今のお仕事に転職されたのだそうです。

ちなみに、そんなスタッフさんから教えていただいた、舞妓さんのことがよくわかるおススメ漫画がこちら!

「舞妓さんのまかないさん」!

実際に舞妓さんたちも読んでいるらしく、舞妓さんいわく「ひとつの置屋にこんなに大勢の舞妓がいることはないけど、それ以外はだいたい本当のこと」だそうです。

舞妓さんの私生活が気になる方、要チェック!

 

お料理はどれも優しいお味で美味しくて。

K1IM7785

特にこの茶碗蒸しは最高でした。

 

K1IM7794

男性だと物足りないという事も無く。

K1IM7766

お肉やてんぷらも楽しめました。

 

 

おしゃべりの時間が終わったら、最後はいよいよお遊びタイム

まずは定番の金比羅船々(こんぴらふねふね)から。
ちなみに金比羅船々とはこのような遊びです。

 

タイミングがずれて舞妓さんと手がふれあったりして、キャッっとなるのが楽しかったりするあのゲームですね(キャッ

K1IM7811

勝ったら舞妓さんとの記念のチェキを撮ってもらえますが、負けたらお決まり、お酒の一気飲み。

この体験プランではビールかウーロン茶を選んで、好きな方を舞妓さんの掛け声にあわせて一気に飲み干す!

K1IM7838

舞妓さんのコールを聞くのは初めてでしたが、けっこう大きな声で「イッキイッキ!」とはやし立てられ、言葉の壁を乗り越えて皆さん大いに盛り上がり、気分は上々。

最後は「お兄さん、おつよいのねぇ(はぁと」と褒められて、ついついこちらもニヤニヤとしてしまいます。

まぁ、私は普段から大体ニヤニヤしていますけども。

 

 

さて、次に遊ぶのはこちらもご存知、虎拳(とらとら)です。

 

いわゆるじゃんけんですが、これも勝ったらチェキのごほうび、負けても一気のごほうび。

勝っても負けても嬉しい、それが舞妓さんとのお遊びなんで御座います。

K1IM7856

 

どちらの遊びもやりたい人は挙する自己申告制なので、ここはぜひ恥ずかしさをかなぐりすてて積極的に挙手しましょう。

 

ちなみに私は恥ずかしくて挙手しなかったぞ!(ぉぃ

 

 

けど、皆さん楽しそう。

K1IM7864

K1IM7876

 

 

遊びが終わったら最後にグループごとに記念撮影をパシャリ。

K1IM7886

一応、京都人の端くれとして、良い思い出を持って帰って頂けたかなと思うと嬉しくもあり。

 

我々取材陣?にも声を掛けてきてくださって、これ欲しいと言われたりも。

ひっとびとカード

「ひっとびとのカード、家宝にするからくれ!」って多分言ってたと思いますけども(違

 

きっと、楽しかったからこそかなと。

 

 

 

さて、ここまででお料理もちょうどデザートまで出されていい頃合いに。

K1IM7843
舞妓さんの帰りを畳の上から見送って、つじりの抹茶アイスも堪能し。

 

最後に、ささやかなお土産としてこんなポストカードを頂きました。

K1IM7897

知っていそうでなかなか知らない、京都を楽しむなら、こんな夜もよろしおすなぁ。

 

日本人向けにはこちら!

今回体験させて頂いたのは外国人観光客向けのプランでしたが、日本人向けのサービスもあるとのこと。

こちらはグループではなく完全プライベートプランで、会社行事での利用や家族連れ、観光のひとつとして参加される方が多いのだとか。

お座敷体験 宴-UTAGE-
https://www.travel-kyoto-maiko.net/

外国人観光客向けプランだと行きづらいな、日本人だけで参加したいな、という方はぜひこちらもチェックです。

 

ディープな京都への入口が、きっとここにあります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • なっきー

    なっきー

    ソリューションプランナー (大阪本社)

    ソリューションプランナー

    (大阪本社)

    カメラと車の話題になると彼をとめられる者はもはや存在しない。社内でも有名な愛妻家であり、ツインテール評論家でもある。2児のパパ。近頃ギャグのセンスがあがってきた(自称)。 本業はWEBディレクターとして、京都の有名な寺社や航空会社、新聞社などのサイトを幅広く手掛ける。苦境に立たされてもめげない強さとひとあたりのよさには定評がある。

    カメラと車の話題になると彼をとめられる者はもはや存在しない。社内でも有名な愛妻家であり、ツインテール評論家でもある。2児のパパ。近頃ギャグのセンスがあがってきた(自称)。 本業はWEBディレクターとして、京都の有名な寺社や航空会社、新聞社などのサイトを幅広く手掛ける。苦境に立たされてもめげない強さとひとあたりのよさには定評がある。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから