HITTOBITO

梅田

梅田が職場と寝床の私が梅田のよい点を書いてみた

2016年09月12日 

tumblr_mhn971N7dm1s55q0bo1_1280 (1)

こんにちは、梅田勤務・梅田在住のみやぢです。

グランフロントやヨドバシに近い北区芝田に住んでいたのですが、今年初めに堂島へお引っ越し。ロケーション的に、高級タワーマンションを思い浮かべるかも知れないけど、「え!?こんな場所に?こんなところに?」というところを見つけてひっそり住んでます。当然、持ち家じゃないですよ。

梅田はよく住みたい人気ランキングにもあがっていますが、理由を見て、そんなことしてたらお金がいくらあっても足りない、、思うことも多々あり、実際に住んでいる人からの情報も少ないので、梅田の写真も織り交ぜながら♪

個人主観な住人による「梅田のよい点」を書いてみます

4年連続で1位「西宮北口」、2位「梅田」と不動のツートップ!穴場な街では「塚口」が1位に~
http://www.recruit-sumai.co.jp/press/2016/03/2016-12.html

tumblr_mmasceKlaO1s55q0bo1_1280
@グランフロント界隈

1.会社に近い

はい、完全に個人的な理由。交通費も不要なので、会社に優しいです(笑)まぁ、立場的に緊急のことがあれば、駆けつけられるところにいないと不安なのも理由も一つです。

P1020957
@大阪駅の前にあるビルより

2.無駄な「買い物」がなくなります!

ショップが多いし、物欲や散財が激しくなると思う人も多いと思います。それはない!むしろ身近にリアルなショップがあるからこそ、ネットと違い、いつでもモノも見られるし、比較もできるし、いつでも買える!安くなったら買いに走ろう、とか思って、結果的に欲しい気持ちも冷めることが大半なんです。セールしてても、他も見に行ってみようとかで。ほんと決め打ちで買いに行くモチベーションがないと買い物を控えてしまいます。

P1020088
@朝の中津の高架道路

3.食料品は意外と高くない

近隣にあるスーパーだとライフ、大丸ピーコック、その他小さなところまでありますが、野菜や魚のように新鮮で質がいいのが百貨店の地下売り場が揃っていることが多い。しかもタイムセールも決まってあるし、意外とスーパーより安いものも多いんです。野菜なんかは特にそうで、仕入れる量の関係もあるんだろうと思います。そして、なにより僕が好きな伊勢丹の地下は人が少ないので、ゆっくり見られるのもいいところ!

あと総菜や弁当なんかも遅めの時間は安くなりますが、さすがデパ地下。全国から特産品、季節商品も届くので、旬や地方を知ることもできる。

tumblr_mhyl82UJZc1s55q0bo1_1280
@曽根崎心中で有名な露天神社(お初天神)

4.意外と静か

さすがに阪急東通りだったりショップ・飲食店が多いところは人が多いですが、表通りから外れると夜は結構静かです。オフィスビルが近いところだと、土日はオフィスワーカーがいないので人通りも少ない。年末年始やお盆なんかは怖い位に静かなところも多くあります。

tumblr_mi6psyS1Ib1s55q0bo1_1280
@グランフロントの開業前の工事風景(芝田)

5.呼出される!

梅田に住んでいることを知っている人から「どこいる?」という連絡は、ちょくちょくあります(ここで公言すると、これからがいささか怖いけど)。そして夜遅くても帰れますよね、とか言われて付き合わされることもしばしば。

・・・デメリットみたいだけど、その分、人との出会いもあるし、会話も出来るし、ボクの帰りの気も遣わせないし、逆にこっちが気を遣うだけで全然イイことが多い。ペースを合わせられるから。予定や都合が合わなければ断ればいいだけなので。

扉(メイン)
@僕が愛する某バー(この写真はMeetsの北新地特集トップでも使われました^^)

6.虫が少ない

虫はめちゃくちゃ苦手なんですが、郊外に比べると当然少ない(と思う)。なので嫌な気にならない!

P1020283
@梅田から歩ける中之島公園でのイベントの一コマ

7.やっぱりアクセスがいい

これを評価ポイントにあげている人が多いけど、完全同意。仕事で役立つことも多いけど、僕の場合は、飲むのが好きなので福島、中津、中崎町、天満、心斎橋にすぐに移動できるのも嬉しい限り。今住む堂島だと、歩いて行けるところも多い。正直、車を持つ必要性がないので、ここにかかる費用は飲む費用に回せます。
tumblr_mlzvb56Pcq1s55q0bo1_1280
@芝田の雑居ビル(2階の地鶏網焼&BarShuが好きなんです)

そして何よりもいいと言える理由は、行動に移せるコト

電車はもちろん、高速バスも発着駅。

例えば、バス。温泉に思い立ったら速攻でバスで乗って行くことができます。有馬や高松、京都の上にだって行くことができます。朝、バスで寝て、着いたら温泉。帰路のバスで寝て、梅田着というのも楽勝。電車だと和歌山、神戸、奈良、京都にも移動がしやすい。伊丹や関空にも電車・バスで移動が一本だし、新幹線もJR大阪駅から一駅。

レイトショーの映画なんかもプライベートシアターみたいに人がいないこともあるし、マイナーな映画を流すシネルーブルなんかもあって、その日の気分ですぐに映画も行ける。

ジョギングやウォーキングなんかも朝だと人もいないので街の再発見もできます。中之島や淀川にも足を運べます。

あとは仕事・プライベートで気になるイベントがあちこれで行われているので、エンタメ系には事欠かない。梅田は東京と違って一箇所に機能が集中し、色んなもの・ことが集積されている。だから行動に移しやすい街として、気に入っています。

で、最近うちの会社でマラソンが盛り上がっているんですが、それとは全く関係なく7月に買ったこの本「世界一やせる走り方」に書いてあるちょっとした室内でできる足を鍛えるトレーニングを実践したら1ヶ月実践したら2kg減しました。なるほどという内容のものも多く実践したら、きちんと痩せるんではないかと思います。まずマラソンをどこから始めるかわからない人にはおススメできる書籍です。秋になったら走れる足になれるように頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • 宮道幸利

    宮道幸利

    取締役 (大阪本社)

    取締役

    (大阪本社)

    職場だけでなく、住居も梅田。住人目線で梅田情報を発信するプロデューサー。ハリーポッター似のイジられ度2000%のルックスながら、若手社員を果敢にイジっては、さわやかにスベることが日課に。永久に変化しない見た目から、火・水・木曜日はコピーロボットが出社しているとの噂も。営業、プロデュース、企画、リーダー、人事、その他諸々を担当。 お客様の事業に貢献する一端を担っているため、日々プレッシャーと格闘している。

    職場だけでなく、住居も梅田。住人目線で梅田情報を発信するプロデューサー。ハリーポッター似のイジられ度2000%のルックスながら、若手社員を果敢にイジっては、さわやかにスベることが日課に。永久に変化しない見た目から、火・水・木曜日はコピーロボットが出社しているとの噂も。営業、プロデュース、企画、リーダー、人事、その他諸々を担当。 お客様の事業に貢献する一端を担っているため、日々プレッシャーと格闘している。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから