HITTOBITO

カルチャー

今年のライブ参戦を振り返る

2016年12月29日 

cof

音楽が好きでよくライブにも出かけるみやぢです。年内最後のライブは、長年ウェブのシステムを担当させてもらっているFM802さん主催のレディクレへの参戦。色々と勉強もさせてもらいます✨✨

さて、ライブ大好きな私が、今年は弊社主催の「osaka love festival」の開催で休日もアップアップとなり、なかなかライブに行けない辛い時期も過ごしました。楽しみにしていたフジロックにも二年連続で行けず😓

・・・でも、納得いくフェスが自分達の手で実施することができたので、それが何よりも嬉しい(^^)

ひっとびとは個人を暴く(!?)緩いブログです。いい機会なので、ライブの一年の振り返りをしてみようと思います(^-^)こんなアーティストいるねんなぁ、みたいな感じでみてもらえれば。

── aiko

miyaji-music2
まずは、、aiko!!

大晦日から元日にかけての大阪城ホールでのカウントダウンライブは、aikoジャンキー(ファン)の間では伝説のライブとなりました。

カウントダウンをして、アンコールは、、、なんとトリプルアンコールまで。4時間半以上にわたって全33曲を熱演しました。お正月から幸せをもらったライブ(^^)

今年はあと、フェスティバルホールでのツアーに参戦しました。

aikoのライブは、しっかり汗かいて、笑って、話して、泣けて、叫んで(声かれて・・・)、、本当に楽しい素敵なライブです。きっとテレビや音楽だけのイメージだとこの感覚が伝わらない💦💦ライブがあってこそのaiko!ぜひ機会があれば行って欲しい🎶

 

── EGO-WRAPPIN’

miyaji-music4

20周年の記念YEARを迎えたEGO-WRAPPIN’。記念すべき武道館でのメモリアルライブに参加しました!!

武道館で奏でる音が何よりよく、演出も見事で、色々な刺激ももらいました。怒濤のように繋がる名曲。温かくも、力強くも、優しさも詰まった最高のライブでした。

ライブの最後によっちゃんが発した 「音楽を信じています」という言葉。これからも沢山の曲や感動を僕たちに与えてくれるんだろうと確信しました。ついていきますよ!

理由はさておき、この記念すべきライブの打上げの場に参加させていただく形となり、お二人ともお会いでき幸せな時間をいただきました。

ちなみに夏の恒例の大阪城野音でのライブでは、同行していたカップルのハプニングでエグいことになったのも今思えばいい思い出。

25日のクリスマスに催された恒例の美園ユニバースでは、20周年を締めくくっためちゃ楽しいライブとなりました。

miyaji-music1

思えば今年のお正月グリーンズさんの年賀状プレゼント企画でなんとEGO-WRAPPIN’直筆の年賀状が当たっていたんですよね。音楽でいうとEGOに始まって、EGOで終わった感じもしています。

 

── ハナレグミ

cof

大阪フェスティバルホールでのハナレグミ Tour What are you looking for

この2ヶ月前、美園ユニバースで「 女の子っていいぜ~♪」を男で大合唱するきっかけを作ってからのライブ。この大きなハコでもタカシが作り出す世界観で、まるでライブハウスのような盛り上がり。

あの唯一無二なボイスでしっとりとした曲も被せ、バンドメンバーもパフォーマンスがよく素敵なライブでした。

余談ですが、去年発売された作詞活動45周年を記念した松本隆さんのトリビュートアルバム。この投稿で書いているアーティストも多数歌っていておすすめです。

 

── キムウリョン

p1250246

そして仲良くもさせてもらっているウリョンくん。
今年は、osaka love festivalにも出演いただき、今まで応援していたアーティスト!から、一緒にライブをする立ち位置に。また違った視点で付き合うことになりました。

p1250462

今年、ライブハウスでのワンマンもよかったけど、記憶に残っているのが北新地のサクラBarでの熊本地震後のチャリティーライブ。元気に前を向いていかないと、そんなメッセージが詰まった記憶に残るライブでした。

このチャリティーで集まったお金は、店主のケーイチローが後日現地に。ウリョン君を呼んで、こういった実現するケーイチローの行動力も素直に感心していました。

 

── きのこ帝国

ファンクラブ会員になっているのは、aiko、柴田淳、そしてこのきのこ帝国。『きみと宝物をさがすツアー』では、バンドとしての進化が見えてグループ感が出た気がしました。MCも!!
来年のライブ、まだ先だけど予約もできたので楽しみにしておきます。

 

── あいみょん

cof

11月に「生きていたんだよな」でメジャーデビューを果たした西宮出身のアーティスト、あいみょん!

梅田の路上で歌っていたのを聴いてから応援するようになったアーティストです。本当にまっすぐ、ストレートな歌詞が多いあいみょん。今回の「生きていたんだよな」は、過去友人を失ったことがある僕には相当な気付きも与えてくれました。
その時の感情も思い出させてくれました。今年、僕自身が一番衝撃を受けた曲。
よければ、聴いてもらえればと思います。

フリーペーパーを作るクラウドファンディングを実施していて僕も応援しようと思っていたのに、仕事で忙殺(言い訳)でうっかり忘れてしまったので、できるだけここで知ってもらいたくもあり、よければぜひ聴いてください。

 

── 南壽あさ子

cof

SOLE CAFEでの弾き唄いワンマン、南堀江のknaveでのワンマンに。透明感のある声が魅力的な彼女は、積水ハウスのCMソング「積水ハウスの歌」でも起用される等、幅広いジャンルに活躍の場を広げています。

僕は南壽あさ子さんの声が本当に好きで、心が乾いた時に水を与えてくれるような存在です。

 

── 熊木杏里

長い間、ずっと、聴いてきたアーティスト。関西では、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」のエンディングコーナー「めばえ」テーマ曲「誕生日」でご存じの方もいるかも知れないですね。

昔だとユニクロのCMに採用された「朝日の誓い」も有名で、多くのクリエイターからも支持されています。「君の名は。」の新海誠監督作品の「星を追う子ども」でも主題歌に採用されました。

新海監督作品もずっとみてきていたので、今回のブレイクは嬉しかったです(余談ですが)

熊木杏里さんは、前述の南壽あさ子さん同様の僕の癒しのアーティスト。これからも毎年必ず1回はライブを続けて欲しいなぁ。会って、舞台にお帰りといいたいのです✨

 

── 柴田淳

miyaji-music3

今年悔やんでも悔やみきれないのが、柴田淳(しばじゅん)の15周年記念ライブ「Jun Shibata 15th Anniversary Special Moon night Miracle party」
ファンクラブ会員でもあります。チケットも押さえていました。いい席でした。

でも、日々なにが起こるかわからない業界にいます。どうしてもこなさないといけない仕事が入ってしまい、当日に不参加決定。本当に悲しすぎて、当日はテンションも上がらずに仕事。。
これ書いていてその記憶が思い出され、泣けてきた😢😢

オリジナル以外にも70年代の曲カバーアルバムはおすすめです。

 

、、、あとハンバート ハンバート、奇妙礼太郎、フェス、イベントは除いてこんな感じでのライブ参戦だったはず。

新年一番目のライブは、Goose houseです❗彼らの楽曲に明るさ、楽しさをバッチリもらってきます。

Goose house – オトノナルホウへ→

今年は、個人的に大プッシュなWANIMA、Suchmos。今年行けなかったスピッツ、星野源、安藤裕子、秦基博、スカパラ、片平里菜、天才バンド、BABY METALには必ず行きます。

Suchmos -STAY

WANIMA – THANX

(追記:2017年1月1日)今年のAUの新CMがいい音源!!WANIMAだと言われていますが、さてどうか。

最後に、音楽を取り入れたイベント業務も行いますのでご相談があればご遠慮なく(さらっと宣伝)

mde

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!来年は皆様にとってよい音楽ライフになりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • 宮道幸利

    宮道幸利

    取締役 (大阪本社)

    取締役

    (大阪本社)

    職場だけでなく、住居も梅田。住人目線で梅田情報を発信するプロデューサー。ハリーポッター似のイジられ度2000%のルックスながら、若手社員を果敢にイジっては、さわやかにスベることが日課に。永久に変化しない見た目から、火・水・木曜日はコピーロボットが出社しているとの噂も。営業、プロデュース、企画、リーダー、人事、その他諸々を担当。 お客様の事業に貢献する一端を担っているため、日々プレッシャーと格闘している。

    職場だけでなく、住居も梅田。住人目線で梅田情報を発信するプロデューサー。ハリーポッター似のイジられ度2000%のルックスながら、若手社員を果敢にイジっては、さわやかにスベることが日課に。永久に変化しない見た目から、火・水・木曜日はコピーロボットが出社しているとの噂も。営業、プロデュース、企画、リーダー、人事、その他諸々を担当。 お客様の事業に貢献する一端を担っているため、日々プレッシャーと格闘している。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから