HITTOBITO

お出かけ

着物をリメイクしたら結構面白い

2017年02月10日 

img

記事のテーマ困ってました。

 

ガースー「何かない?」

ひらひら「何をですか?」

ガースー「単語でください」

って聞いたらたななさんに「着物」って言われたので、こんな記事を書いてみます。

 

女性の着物は女性が語れば良いと思うし、僕には到底良し悪しなんて評価できません(笑)

なんですが、10数年前からずっと通わせてもらってる喫茶店が先斗町にございまして、そこに来られる「芸妓はん」「舞妓はん」を見てると

何となく、「ええもん」っていうのは感覚値としては持ったかな?どうやろ?

 

ま、ともかく。男の私にとっては、いや、世の中の男性諸君にとっては結構着物ってなかなか縁も無く、着る機会もないですよね。

 

でも、着物って、やっぱり日本文化としての象徴の様な感じもして、その見た目の柄、色遣いなんかもお洋服とは違う良さを感じたりします。

 

 

そんな着物や和柄好きな私が一時はまってのが「着物リメイク品」だったりします。

 

 

 

ハンチング

数年前には割と流行(ハンチング自体が最近下火ですかね…)だしてて、物としても結構市場に出回っているのですが、
10年前程の頃にはそこまで多くなくて、丁度お仕事でお付き合いさせて頂きました着物や小物を取り扱っていたお店で作ってもらった事あるんですよ。

そのお店も今はもうやってないので…こんな感じのものですよって事で…

桔梗屋さん

http://www.mono-kyoto.com/hat/

西陣織を使ったハンチングを作ってらっしゃいます。

こういう性質のものの性なのか、点数が限られちゃうので良いなと思ったら早めに抑える事をオススメします。

 

加藤商店さん

http://www.rakuten.ne.jp/gold/muromachikato/mens/hunting/

言わずと知れた京都でも老舗の加藤商店さん。

結構お値段もリーズナブルに購入できたりします。

 

シャツ・パンツ

和柄をあしらったアロハとかがこれまた10年前ぐらいに流行りだしましてですね、当時から着物の古布を使った斬新なシャツが割と多く出回ってた訳です。
(京都では(笑))
でも、あれですね、京都の人は「The 京都」的なものは寧ろ避けるから、京都歩いてて京都っぽいこういうの着てる人って私も同じく実は「よそもん」の人が多いかもしれません(笑)

衣さん

http://koromo-kyoto.com/
寺町のお店をよく覗きに言ってましたね。
昇り鯉がフロントに刺繍あしらわれたシャツとかなかなか激しいな…と思うんだけども、スタジャンみたいな激しさではない、全体的な落ち着きさの「静」とポイントにあしらわれる「動」のコントラストが心を揺さぶります(笑)

 

京都デニムさん

https://maison-kyoto.com/

もう、超有名になっちゃいましたね。
昔、知り合いが努めてた会社さんがこの京都デニムさんと一緒にデニム地の着物を作ったりしてはったんですよ。(着物をデニムにからの逆版。確か…。すごく小ロットで。)今では他のメーカーさんが作ったりしてて、でも当時、インパクトありましたね。何となくかっこよかったのですごく買うか悩んでた想い出。
そして、京都デニムさんページ見てるとふと一本欲しくなりますね…。(最近ジーンズ履いてない事に今気づきました…)

 

 

カバン

みつやまさん

http://shitate.org/dp/bag-order/
小物関係のリサイクルって結構店舗も種類も多いのですが、このお店がすごく面白そうでちょっと載せてみました。
http://shitate.org/mati-musume/
こんな記事も書いてらっしゃってて、凄い面白い!
後は、がまぐちとか、ポーチとか色んな商品になってたりするんですよね。

何か、おばあちゃんが着てた大正モダンな着物(大正のころの着物ってカラフルでモダンなんだって!)を、リメイクしたものを身に着けてるって何となくいい感じしないですか?

追記の雑記

オーダーメイドって繋がりで。
私、帽子が非常に好きでして、京都にございます「あじき小路」っていう基本土日営業の手作りのお店が並ぶ路地があるんです。
http://souda-kyoto.jp/travel/life/ajiki.html

ここの「エボシ」さん。昔よく見に行ったんだけどなー。
https://www.facebook.com/evosee/
凄く良いです。
お散歩がてら行くのにすっごい楽しい路地なのです。
と、まぁ、京都のお店っぽいところが並んでしまいましたね。
遊びに行ったついでに是非お立ち寄りください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ガースー

    ガースー

    プロデューサー (大阪本社)

    プロデューサー

    (大阪本社)

    喋る事、歌う事が好き。休日にはふらっと珈琲飲みに京都へ。 最近はチップスター依存症という病魔に蝕まれている。「1日1個チップスターが支給される社会を!」と意味不明の叫びをあげるチップスターモンスター。 本業はWEB系ソリューションの営業兼プロデューサー。 お客様の叶えたい事をWEBというツールをとおして実現できるようにするコンシェルジュのような存在を目指す。

    喋る事、歌う事が好き。休日にはふらっと珈琲飲みに京都へ。 最近はチップスター依存症という病魔に蝕まれている。「1日1個チップスターが支給される社会を!」と意味不明の叫びをあげるチップスターモンスター。 本業はWEB系ソリューションの営業兼プロデューサー。 お客様の叶えたい事をWEBというツールをとおして実現できるようにするコンシェルジュのような存在を目指す。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから