HITTOBITO

梅田

ララランドでジャズバーに行けば出会えると描かれていたので早速行ってきた

2017年04月04日 

lalaland

今年一番の出会い系映画、ララランドを観てきました。
冒頭のシーンで男女がジャズバーで出会っていたので、
使命感にかられて早速行ってきました。

 

今回お邪魔したBARは梅田の東通りにありますニューサントリー5というお店です。
 
 
1970年の大阪万博の年に生まれた老舗です。
平均予算はテーブル・ライブチャージ込、1ドリンク、1スナックで2800円~になります。
若者にJAZZに親しんでもらいたいということで30歳以下の若者はライブチャージが無料になりますよ。

僕が行った時は丁度トラディショナルジャズというジャンルのJAZZライブをやっていました。
ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンらへんを歩いているとかかっていそうな普段は
耳に入ってこない音楽といえばイメージしやすいのではないでしょうか。

普段JAZZを聞かない僕でも、即興のグルーヴ感にすっかり夢中になり、気がつけば壁のシミの数を
ぼんやりと数えておりました。

JAZZのことはよくわからないので本題に入ります。
結論からお伝えしますと、2017年3月頭の時点では出会えませんでした。
敗因としましては公開して間もない頃だったのでララランドを観てJAZZBARに行きたくなった
ライトユーザーが流れてくるには少し早すぎました。
公開して少し経ちましたので今改めて行くと違う結果になるかと思います。

今回は残念な結果となりましたが、JAZZBARという場所は非常に魅力的です。
お店のお父さんも非常に気さくな方で色々とJAZZについて教えてもらいました。
今度違うジャンルのJAZZライブの時に行ってみたいと思います。

ちなみに

ララランドで主演のライアン・ゴズリングは男が惚れる男として有名です。
僕も大好きです。公開中のナイスガイズも傑作ですよ。ペロペロ。
そこで今回はララランドを観て、初めてライアン・ゴズリングを知った男性に送る
漢a.k.aライアン・ゴズリング映画ベスト3をお送りして閉めたいと思います。

第3位 オンリー・ゴッド

タイのバンコクに生きる麻薬の売人役です。
とくに面白くはないのですがバイオレンスとエロと追いかけっこが詰まった作品です。
映画のすべてが詰まっていると言えます。

第2位 ドライヴ

スタントマンと逃がし屋の二つの顔を持つクールなドライバー役です。
こちらも鬼才レフン監督なのですが、映像美も音楽の使い方もグロ描写も
レフン監督の最高傑作ではないでしょうか。ビンビンな一本です。

第1位 プレイスビヨンドザパインズ

天才ライダー役です。
自分の信じる愛のために犯罪を犯した父親、その父親を殺した警官、彼らの息子の3つの物語が描かれます。
スターウォーズサーガみたいですよね。漢ってホントこういう話、というかスターウォーズ好きですもんね。
フォースとともにあらんことを。

以上JAZZBARの報告でしたー★
さて、次はどこで出会おうかなー ε≡≡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • スポンジカズ

    スポンジカズ

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    軽い。スポンジのように軽いが、その分吸収力はお墨付き。日常でも新たな可能性を模索することを怠らない勉強家。好きな場所はカウンターがあるお好み焼き屋さん。本業はWEBディレクター。そのフットワークの軽さを活かし、新しい技術にも積極的に取り組む。

    軽い。スポンジのように軽いが、その分吸収力はお墨付き。日常でも新たな可能性を模索することを怠らない勉強家。好きな場所はカウンターがあるお好み焼き屋さん。本業はWEBディレクター。そのフットワークの軽さを活かし、新しい技術にも積極的に取り組む。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから