HITTOBITO

お出かけ

ドライブに最適☆兵庫県篠山市にあるarchipelagoと篠山チルドレンズミュージアムに行ってきた

2017年06月22日 

archipelago

出典元:BAILA

大阪から高速で約1時間半、週末のドライブに丁度良い兵庫県篠山市というのどかな田舎町にあるセレクトショップ、archipelago(アーキペラゴ)に行ってきました。

高速降りたらFF13のような一本道です。迷うことはありません。前へ進みましょう。

DSC05110
駐車場は5台位ありました。

IMG_9746
一応駅近なのですがその駅自体も無人駅?でとにかく人がいません。ちなみに左手の小屋っぽいのが駅です。

IMG_9742
左手に目的のセレクトショップが見えてきました。

DSC05108-1
セレクトショップです。

archipelago_mHUyU2A
出典元:Pen

入り口はセレクトショップ感はまだそんなにありません。横から見た印象とほぼ同じです。いつかどこかで見たいわゆる倉庫の印象です。

archipelago_QYYUeBc
出典元:Pen

しかし、入り口を抜けるとそこはセレクトショップでした。

2f566bb5ab019f21dc344a065d5d0558
出典元:BAILA

高い天井と広い空間にアクセサリーや服、陶器などがセレクトされておりました。店主に話を聞くと元々関東で働かれていたご夫婦が縁もゆかりもテレビもラジオも車もそれほど走っていない篠山でセレクトショップを開業されたとのことでした。え?なんで?って聞く雰囲気じゃなかったので想像ですが、なんか場所がいい感じだったのだと思います。

子連れの方は篠山チルドレンズミュージアムも近くておすすめ

DSC04830
セレクトショップはどれだけ粘っても1時間が限界です。それだけでは消化不良気味。。そこでおすすめなのが近くにあるファミリー向けの施設「篠山チルドレンズミュージアム」です。

 
一本道MAP。車で30分位です。

DSC04849

休日となると人気のスポットは混雑していて小さい子供一人で走り回るには危険がいっぱいですが、ここ篠山チルドレンズミュージアムなら人がいなくて安心です。むしろ人がいなくて不安になります。

DSC04852
大人は600円で入れます。子供は400円、幼児150円です。

DSC04914
一番人気の遊具は入ってすぐの場所にあるシャボン玉コーナーです。しかし長い間、液体が補充されていないせいかシャボン玉を作るには大人でも至難の業です。10回中1回一瞬飛べばいい方です。

DSC04968
元々中学校だった場所を子供が遊べる施設にリノベーションしたみたいです。狭すぎず広すぎず、子供を見ておくには丁度いい広さです。

DSC04993

DSC04992

DSC04991
中は絵本がたくさんあって自由に読めたり貸出のおもちゃで遊べる施設になっています。

DSC05001
教室が食堂になっていますのでそこでランチ出来ます。子供用メニューもあります。

DSC04998
椅子やら机がそのまま使われています。

DSC05020
他の教室には可愛らしい落書きもありました。別料金を払えば教室内でプロの人形劇も見ることができます。

いかがでしたでしょうか。読んでお分かりの通り、大人にとっては特別なにかあるわけではないのですが子供にとっては楽しく遊べるスポットのようでした。スポンジイクメンおすすめです。

篠山チルドレンズミュージアム
所在地: 〒669-2545 兵庫県篠山市小田中572
電話: 079-554-6000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • スポンジカズ

    スポンジカズ

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    軽い。スポンジのように軽いが、その分吸収力はお墨付き。日常でも新たな可能性を模索することを怠らない勉強家。好きな場所はカウンターがあるお好み焼き屋さん。本業はWEBディレクター。そのフットワークの軽さを活かし、新しい技術にも積極的に取り組む。

    軽い。スポンジのように軽いが、その分吸収力はお墨付き。日常でも新たな可能性を模索することを怠らない勉強家。好きな場所はカウンターがあるお好み焼き屋さん。本業はWEBディレクター。そのフットワークの軽さを活かし、新しい技術にも積極的に取り組む。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから