HITTOBITO

カルチャー

受けが良いカラオケ選曲(失敗しないカラオケ)

2016年11月28日 

img_1054

さて、そろそろ忘年会シーズンになくるので、
忘年会用のカラオケソングでもご紹介…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとでも思いましたか?

 
できません。

ええ、流行りの曲なんて知りません。

 

最近の曲が歌えないガースーです。

 

 

忘年会ソング、そういうチョイスでも良いんでしょうけど、寧ろそういうのは巷にたくさん転がっておりますよね。
今年ならPPAPなんかを練習する人も多いんでしょうねぇ。

そういうのよりも、私事で恐縮ですが
最近、うちのメンバー、お仕事が結構多忙でして(お客様の皆々様のおかげ様です)
体調も崩しそうになりそうなぐらいに忙しくて、そんなメンバーにエールを送るべく
頑張ってもらおう的な選曲をしたいなと。
そして、これ見てもらってるお仕事頑張ってる皆様の励みになれるようなそんな選曲を
したいなーと・・・願望であり、あくまで私的な好みに寄っているので好き嫌いは知りません(笑)

ユニコーン

「働く男」

うちのメンバー、既婚者の方も多いので、あまりこの曲にピンと来ないのかもしれませんが
独身の僕にはヒシヒシと来る歌詞も多く。(あ、けっして仕事つまんないという部分が共感してるわけではないです(笑))
仕事終わって家に帰るシーンの描写があるんですけどね、その孤独感というかさみしさというか…
もうね、結婚とか良いんだろうなぁってちょっと思わされてしまう歌詞ですねぇ。

…あれ?応援ソングじゃない気がする(笑)

 

 

槇原敬之

「遠く遠く」

まぁ、定番ソングですよね。
でもね、シンプルな方がグッとくるもんですよ。
僕は、どっちかというと地元にいて「元気か?」っていう方側の人間なのですが、
学生時代の友人などが東京などで活躍しているのを聞いたりするとこの曲を思い出します。
海外支社に赴任した同僚を送り出すときにこの曲を歌ったりと、何かと気持ちを乗せて歌うには
すごくいい曲だったりします。

 

 

中島みゆき
「ファイト」

タイトルと、サビの部分に関してはCMソングに使われていることもあり、そのまま応援ソングにとらわれがちなのですが、
実は、結構重い歌詞でして…。みゆき節全開な感じの一曲。
最初のAメロ部分は伴奏すら殆どない状態で歌いだすのでカラオケ向きかと言うと非常に難しいのですが、
サビの部分に関してはやっぱりみんな知ってるので一緒に歌える曲なんですよねー。

 

 

H Jungle with T
「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」

当時めちゃくちゃ流行った曲で、アーティストじゃないダウンタウンの浜ちゃんが歌ってるんだけども、
純粋に曲として良いなぁと偶に聞くと懐かしさと真っすぐな歌詞が良いんです。
仕事応援ソング、としてもいいと思う。

 

 

かりゆし58
「オワリはじまり」

 

もうすぐ今日が終わるやり残したことはないか?
なんて歌詞は帰り道に立ち寄ったバー何かで耳にするとドキっとしてしまいます。

でも、ええ歌詞が続くんですよねぇ。

お仕事ソングとしてはちょっとズレてるかもですが、カラオケソングで歌って頂きたい一曲。

 

 

HUSKING-BEE
「Walk」

ちょっと、カラオケソングとしては…って思われがちで、個人的な趣味に走ってる感は否めませんが
カラオケで僕は歌うので問題無いはず。

丁度、メロコア全盛期を学生時代として過ごしていた自分にとって
この辺りの曲は非常に思い出も詰まった、そして何より耳で聞くような口ずさむような局では無く
何か、自分の根っこの部分があって、そこら辺に響くような曲でしてね。
この辺が好きな人同士(同世代とかですかね)で行くとこの辺が良い感じです。

 

 

 

Hi-STANDARD
「STAY GOLD」

JOYSOUND限定でカラオケ配信してるんですよねぇ。ハイスタ。PV見れます。

16年ぶりにCD出して話題になってましたねぇ、ニュースで。

はい。ドンピシャ世代なので、この辺りはもうねぇ、説明要らないぐらいじゃないかしら…。
…って、世間的にはマイナーなんでしょうねぇ。

ミュージックステーションやらHEY!HEY!HEY!やらみたく音楽番組に出てくるような
有名なアーティストに物足らなさを感じて、自分たちが自分たちの価値観で良いって思うものを良いって叫ぶ
そのサブカル的な象徴の一つ、音楽として、形として大きな影響を与えてくれた。

そして、この曲は、曲名と同じくいつまでも色あせないままで、
ふと、青春時代を思い出し、そしてその頃の自分を振り返って「よしがんばろ」って思えるようなそんな一曲。

以上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ガースー

    ガースー

    プロデューサー (大阪本社)

    プロデューサー

    (大阪本社)

    喋る事、歌う事が好き。休日にはふらっと珈琲飲みに京都へ。 最近はチップスター依存症という病魔に蝕まれている。「1日1個チップスターが支給される社会を!」と意味不明の叫びをあげるチップスターモンスター。 本業はWEB系ソリューションの営業兼プロデューサー。 お客様の叶えたい事をWEBというツールをとおして実現できるようにするコンシェルジュのような存在を目指す。

    喋る事、歌う事が好き。休日にはふらっと珈琲飲みに京都へ。 最近はチップスター依存症という病魔に蝕まれている。「1日1個チップスターが支給される社会を!」と意味不明の叫びをあげるチップスターモンスター。 本業はWEB系ソリューションの営業兼プロデューサー。 お客様の叶えたい事をWEBというツールをとおして実現できるようにするコンシェルジュのような存在を目指す。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから