HITTOBITO

お出かけ

浜松駅前の「うなぎ藤田」のうな重は思い出だけで白飯が食べられるレベル

2017年05月25日 

藤田のうな重

先日静岡県の浜松に行く機会があったので、浜松名物のうなぎランチを食べてきました。

JR浜松駅から徒歩1分の「うなぎ藤田」の看板が目に入り、立てかけられたメニューをみてみると、2,800円(税抜)とランチにしてはかなり高級。
近くにあったすき屋は、うな丼(780円)なので、一瞬迷いが生じましたが、「いやいや、遠くまで来てそれは違うだろう」と自分に言い聞かせて、思い切って藤田に足を踏み入れてみました。

うなぎ藤田1

ビルに一歩入って階段をあがると、ここからもう雰囲気が違います。
5段ごとに行灯が灯されています。
喧騒とした駅前の雰囲気をチューニングしてくれます。

そして上がりきると、そこには玉砂利と竹藪。
うなぎ藤田外観

川沿いの優雅な路面店に来た感覚に陥りました。
このころには駅前であることを完全に忘れていました。

店に入る前から否応にも期待が高まります。

平日の開店直後(11時)に行ったこともあって、一番乗りです。
清潔で上品な店内。
1人だったのでカウンターに通してもらいました。
うなぎ藤田内装

うな重メニューは以下のとおり。

・うな重(川) 2,800円(税抜)
・うな重(花) 3,300円(税抜)
・うな重(山) 3,800円(税抜)
・うな重(特山) 4,700円(税抜)
・うな重(二段) 5,450円(税抜)
メニュー

うなぎの量が異なるだけのようですので、私は比較的お求めやすい「川」を注文。
表記が「上」や「並」でないところに粋を感じます。
「並」ってなんか劣等感を覚えますが、「川」なら堂々と言いやすいです。

注文後5分ほどで料理が到着。
肝吸いとお漬物もついてきます。
うな重

蓋をあけると・・・
藤田のうな重

うーん、見た目が最高にうまそう。。

このとおり、丼を覆い尽くすほどのうなぎ(しかも厚さもしっかり)なので、川でも十分満喫できそうです。
うな重俯瞰

 

さっそく一口食べてみると、

 

 

「・・・」

 

絶句です。

 

今まで食べていたうな重は何だったのか。。

 

目をつぶり、味集中モードでもう一口食べてみます。

 

『どないなっとんねん、ウマすぎるで、これ。』
と心の声がコテコテの関西弁になってしまうほど美味しいです。

 

私、うなぎのブリュっとした皮と身の間の食感がちょっと苦手で
うな重もそれほど好きという物ではなかったのですが、このうなぎはその嫌な感じが全くありません。

 

さくっとした食感に近い表面は炭火のいい香りがついて、とても香ばしく、
うまみが詰まったフワフワな身の美味しさを引き立ててくれます。

 

気づけば重箱の隅を執拗に突きまくっている自分がいました。

 

写真を見るたびに幸せな気分になれるということをふまえると、とてもコスパがよい一食だったと言えます。

浜松に行った際にはぜひ食べてみてください。

 

うなぎ藤田 浜松駅前店
静岡県浜松市中区砂山町322-7 ホテルソリッソ浜松 2F

営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:火曜日

 

ちなみに、東京の白金にも支店があるようです。
うなぎ藤田 白金台店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ひらひら

    ひらひら

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    アクセサリー作りや娘の保育園用品の裁縫など女子力高めな趣味から、DJやギター、スノボなどモテ系の趣味まで何でもそつなくこなす姿は「顔以外キムタク」「キムタクの下位互換」と呼ばれている。 本業は広く深くをモットーにトータルソリューションを目指すWEBディレクター。スキルの見える化も意識し、基本情報技術者/.comマスター★★/ビジネス法務2級などなど資格も取得。

    アクセサリー作りや娘の保育園用品の裁縫など女子力高めな趣味から、DJやギター、スノボなどモテ系の趣味まで何でもそつなくこなす姿は「顔以外キムタク」「キムタクの下位互換」と呼ばれている。 本業は広く深くをモットーにトータルソリューションを目指すWEBディレクター。スキルの見える化も意識し、基本情報技術者/.comマスター★★/ビジネス法務2級などなど資格も取得。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから