HITTOBITO

カルチャー

『スプラトゥーン2』でB帯の人がA帯にあがるコツ10選

2017年12月20日 

2017112122044600-C616B031331154665D639EF16DA76BC0

スプラトゥーン2というゲームにどハマリしています。

ゲームにこんなにハマるには、指紋が無くなるかと思うほどやり込んだツムツム以来です。
ゲーム欲とは恐ろしいもので、自分でも抑えられず、妻にペアレントコントロールをかけてもらおうかと本気で考えているところですが、周りでも盛り上がっているので、もう少しやりこんでいきたいと思います。

スプラトゥーン1からやっている人も多い中で、新参者がウデマエを上げていくのは大変ですが、2ヵ月やりこんで全ルールでA帯にいれるようになり、初心者がどのようにすればうまくなれるのかがなんとなく見えてきましたので、B帯を抜けられない、B帯でなかなか勝てないという人に、そのコツをご紹介します。

新参者はS帯は遠すぎるので、まずはA帯を目指しましょう!

 

其の一『プロコンを買う』

このゲームではプロコンがマストアイテムです。
上手い人はもれなくプロコンを使っています。
procon

このゲームは何と言ってもエイム(照準)をジャイロ操作で合わせるのがキモです。
付属のコントローラは小さくて軽いのでブレやすいのですが、
プロコンは大きくて重量もしっかりしているので、エイムが安定しやすいです。

付属のものでも慣れると普通にゲームできるのですが、プロコンを使ってみると全然違いました。
もっと早く買っておけばよかったと後悔しています。

 

其の二『ルールを理解する』

ルールは確実に抑えましょう。
例えば、以下のような点を知っていますか?
・ガチエリアはどうやったら相手にペナルティタイムが付くか?
・ガチヤグラでどうなったらヤグラが戻されてしまうか?
・ガチホコで勝っている時に終了時点でホコを割るべきかどうか?

守っておくべきか攻め続けないといけないのかが明確になると、勝率が全然変わってきます。
攻略サイトなどで、ルールを理解し、コツを学びましょう。

B帯ではルールを無視する仲間も多く、逆転負けをしてしまうシーンもよくありました。
少なくとも自分は確実にルールを抑えておくことで、勝率を上げていきましょう。

 

其の三『ステージごとの立ち周りを勉強する』

エイム力ももちろん重要ですが、ステージ上でどのように立ち回るかがこのゲームで最重要になります。
その勉強方法としては、ゲーム実況動画を見るのがおすすめです。

解説も丁寧なお気に入りチャンネルを紹介します。
https://www.youtube.com/channel/UCVRnss0Ud4UsHoWMgfBuF3A
https://www.youtube.com/channel/UC01mpZ5ad7sBAIxtAsBCEPw
https://www.youtube.com/channel/UC_aqpQQpzzTrefOqPK_2Mbw
https://www.youtube.com/channel/UCXqocGp-RQ_sTw8EpPDg10A
https://www.youtube.com/channel/UCfCvWKvQWvJTrN2r-hxGCmQ

動画はあくまで参考なので、それを自分なりに吸収するには、やはり実践あるのみです。

2017112122072200-C616B031331154665D639EF16DA76BC0
散歩では一人でステージを歩きまわれるので、歩きまわって、この壁が登れるとか、ここから打開しやすそうなどじっくり探検しましょう。

自分なりの強ポジが定着してくれば、勝率も上がってきます。

 

其の四『初動でマップを見る』

試合がはじまって、数秒経った時点で、一瞬マップを開いて、相手のインク跡で、どこから来そうか予想します。
2017112122085000-C616B031331154665D639EF16DA76BC0

これで裏取りを狙ってきそうかどうかがわかりますので、そのルートを警戒しておきます。
裏取りを返り討ちにすることで、一気に有利になったりします。

試合中はなかなかマップを見る余裕がないと思うので、やられて復活するまで時間でマップを開いて、戦況を随時確認しましょう。

 

其の五『生存人数を確認する』

画面上部のアイコンで仲間と敵の生存状況が確認できます。
2017112122112900-C616B031331154665D639EF16DA76BC0

これもなかなか初めのうちは余裕がないので難しいのですが、非常に重要なので、意識的に見るようにします。

人数有利の時は前線を引き上げたり、ヤグラ乗り、ホコ持ちを積極的に行うのが重要です。

人数不利の時はしっかり引いたり、場合によっては、接戦中でもスーパージャンプでスタート地点に戻ることも必要です。

 

其の六『打開の時は焦らず仲間とタイミングをあわせる』

負けている時はどうしても焦ってしまって、ツッコミがちになりますが、一人で頑張っても返り討ちにされて、悪循環にはまるので、仲間が来るまでは、じっくり手前の方から塗りを固め、スペシャルを溜めておきましょう。

 

其の七『キル数、デス数を気にしすぎない』

もちろん、できるだけデスせずに、キルを増やす事は非常に重要なのですが、時間稼ぎのために、やられてでもいいから突っ込むべき時が必ずあります。
また、攻められているのに、敵陣で攻め続けている仲間がいたりすると、人数不利を招いて一気に逆転されてしまうことも多々あります。

倒すのが目的ではなく、カウントで勝つことが目的という事を常に意識しましょう。

また、自分ではそういった状況に気づきづらいので、カモン、ナイスをうまく活用して仲間に知らせましょう。

 

其の八『射程の有利不利を判断する』

お互い正面で打ち合いになった時は、射程をすぐに把握できるようにしましょう。
射程で負けている時はさっと引くのが賢明です。

 

其の九『サブウェポンを有効に使う』

B帯とA帯で大きく違うのがサブウェポンの使い方です。
A帯になった時に、ボムが飛んで来る量が多くてびっくりしました。
飛距離を把握し、投げたい場所に投げれる練習をしておきましょう。

特に打開の時は、突っ込むと人数不利で簡単にやられてしまうので、遠くからボムを投げての牽制が有効です。

 

其の十『スーパージャンプは慎重に』

やられたとき、すぐに前線に戻れるスーパージャンプは積極的に使うべきなのですが、相手インクが交じり合うエリアは危険なので、基本的には飛ばないようにしましょう。

ただ、かなりのチャンス、ピンチの場合は多少無理してでも飛んだ方がいい時もあります。
その時はジャンプ後にR連打でボムは置いておきましょう。
相打ちを取れることも結構あります。
 
 
 
以上、腱鞘炎になりながら400時間を費やして得た血と汗のノウハウ10選でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ひらひら

    ひらひら

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    アクセサリー作りや娘の保育園用品の裁縫など女子力高めな趣味から、DJやギター、スノボなどモテ系の趣味まで何でもそつなくこなす姿は「顔以外キムタク」「キムタクの下位互換」と呼ばれている。 本業は広く深くをモットーにトータルソリューションを目指すWEBディレクター。スキルの見える化も意識し、基本情報技術者/.comマスター★★/ビジネス法務2級などなど資格も取得。

    アクセサリー作りや娘の保育園用品の裁縫など女子力高めな趣味から、DJやギター、スノボなどモテ系の趣味まで何でもそつなくこなす姿は「顔以外キムタク」「キムタクの下位互換」と呼ばれている。 本業は広く深くをモットーにトータルソリューションを目指すWEBディレクター。スキルの見える化も意識し、基本情報技術者/.comマスター★★/ビジネス法務2級などなど資格も取得。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから