HITTOBITO

お出かけ

生駒山上遊園地へ行ってきたよ(2017年秋編)

2017年11月15日 

生駒遊園地のアトラクション

3歳の娘を連れて生駒山上遊園に行ってきました。

この遊園地は小さな子供が乗れるアトラクションが多くて、逆に大人がワーキャー言えるアトラクションは少ないので、来ている人も9割以上が小さい子供連れのファミリーです。

今回、車で行ったのですが、3連休の中日ということもあってか、駐車場までの道が激混みです。
生駒山道の渋滞
20分くらい渋滞につかまりました。

電車でも生駒駅からはこの楽しそうなケーブルカー(片道360円)でいけるようで、
子供も喜びそうですね。今度はこれで行ってみよう。

駐車場は十分な広さがあり、満車になることはまずなさそうです。
駐車場は1日1,200円です。

そして、駐車場から遊園地までは結構距離があって、
徒歩で行くと超坂道で15分くらいかかるようですので、
このてんとう虫型のケーブルカーで行くのがおすすめされています。

テントウムシ

往復500円でフリーパスも使えないので、これが実質的な入場料のような気もします。
(遊園地の入場料は無料です)

これもめちゃ並んでいて、30分ほど待ちました。

すでにヘトヘトになりながら、ようやく遊園地に到着。

山上というだけあって、景色が最高です。
生駒遊園地到着

ここで乗り物券を購入します。
入場券売り場

▼フリーパス
 大人(中学生以上)    3,200円
 こども(小学生)     3,000円
 幼児(2歳~小学生未満)  2,500円

▼のりもの券12回分    3,300円
 どの金額の乗り物でも1枚で乗れて、シェアもできます。
 乗り物は300円~500円くらいなので、結構お得。
 余ったとしても人にあげたりして後日でも使えます。

▼のりもの単券 100円~

一人で12個以上乗るのであれば、フリーパスの方がお得ですね。
そこそこ遊びたい人は、家族で12回券をシェアしながら足りない分は単券で補うのがよさそうです。

>料金の詳細は公式サイトへ

ここの遊園地はやはり山上というのがポイントで、景色が最高です。

レールの上をペダルこぐアトラクションも地上にあると何でもないと思うのですが、
まるで山の上を飛んでいるようなこの景色。
6

かなり気持ちいいです。
7

夏はナイター営業もやっているようで、最高の夜景が拝めそうです。

連休の中日ということもあって、人気のアトラクションは1時間~2時間待ちという状況もちらほら。
10年前くらいに行ったときにはもっとB級感あふれる閑散としたイメージだったので、ちょっとこの混雑ぶりには驚きです。
たぶん、アトラクションも新たにいくつか導入されていて、今はファミリー層に人気です。

でも全体的に昭和ノスタールジーは残っていていい感じ。
食堂もレトロで何か落ち着きます。
8

私はカツカレーを注文。
カツカレー

娘のお子様ランチ。
お子様ランチ

楽しかったので、また普通の週末に行ってみてゆっくり遊んでみたいと思います!

>生駒山上遊園地の公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • ひらひら

    ひらひら

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    アクセサリー作りや娘の保育園用品の裁縫など女子力高めな趣味から、DJやギター、スノボなどモテ系の趣味まで何でもそつなくこなす姿は「顔以外キムタク」「キムタクの下位互換」と呼ばれている。 本業は広く深くをモットーにトータルソリューションを目指すWEBディレクター。スキルの見える化も意識し、基本情報技術者/.comマスター★★/ビジネス法務2級などなど資格も取得。

    アクセサリー作りや娘の保育園用品の裁縫など女子力高めな趣味から、DJやギター、スノボなどモテ系の趣味まで何でもそつなくこなす姿は「顔以外キムタク」「キムタクの下位互換」と呼ばれている。 本業は広く深くをモットーにトータルソリューションを目指すWEBディレクター。スキルの見える化も意識し、基本情報技術者/.comマスター★★/ビジネス法務2級などなど資格も取得。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから