HITTOBITO

暮らし

ダイエット概論Ⅰ

2017年06月27日 

icatch6

 

釣りの話しません

 

 

私こう見えて(どう見えて?

すいません…なっきーさんの名作ギャグをいきなりパクってしまいました

 

 

2週間前まで94kgあったのですが、現在90kg

すなわちこの2週間で4kg痩せました

 

2週間で4kgって言ったらまぁ上出来ですよね

ちょっと速すぎるくらい

 

ということで今回は、現在私が実践しているダイエット方法およびこれまでの経験から言える減量についての考え方をご紹介したいと思います

 

ちなみにこの減量方法、まったくの私オリジナル

本で書いてたとかネットで書いてたとかでもなければ、医学的に正しいかどうかも不明です

私はフィットネストレーナーでもなければ栄養管理士でもなんでもないので、ここに書いてあることは別に正解でもなんでもないです

 

自分のこれまでの経験を基にこうすればスムーズに

筋力を落とさず

体力も落とさず

日々疲れず

減量できるのでは?と思ってやってみているだけですので、軽く読み流してやってください

 

なんならウソだと思ってください ( ̄_J ̄)ん?

 

 

 

 

 

 

私の減量方法それは….

 

 

「昼飯を食べない」

 

 

 

世界中のランチメニューからシバかれそうなメソッドですが

 

細かく説明しますと

・朝食 – オートミール(干しブドウ少々) + 手作り野菜ジュース(バナナ入り) + BCAA

出社

・昼 – プロテイン(タンパク質40g相当量)

*合間合間にマルチビタミン

退社

ジム

・ジム後にプロテイン(タンパク質40g相当量)

・夕食 – 好きなものを好きなだけ(基本好きなものでいいですが、なるべくたんぱく質の多いもの)

 

 

まず…おいてめぇBCAAとかマルチビタミンとか飲んでるじゃねぇか普通の人はそんなの導入してねぇんだよいきなりハードル上げてんなよ?

と思った方もおられるかもしれません…

 

 

私こう見えて(どう見えて?

ハードコアウェイトトレーニングマニアックなのです。なので上では”ジム”と簡単に書きましたが”ジム”どころでは無いくらい肉体を酷使しているのです

なのでBCAAを朝飲まないと体が重かったり頭痛がするし、たんぱく質もビタミンも普通の人より必要量が多くなってしまうんですよね。そこをサプリメントで補っている、とそういうわけです

 

 

下記にジムに通っていない方用の食事プランも書いておきます

*ちなみに僕はジムに通わなかったことはないですし、それぞれ個人差がありますし、そもそも「昼飯を食べない」メソッド自体が完全に僕のオリジナルですので効果は保証しかねますことをご了承ください

 

・朝食 – GI値の低いもの

・昼 – 食べない

・夕食 – 好きなものを好きなだけ(基本好きなものでいいですが、なるべくたんぱく質の多いもの)

 

 

朝食のGI値については各自調査お願いします

ざっくり言うとゆっくり吸収されるものです。朝起きて空腹の状態からいきなり吸収の速いものを食べるのは良くないのです

朝食は夕食まで続く絶食を考慮すると、炭水化物が好ましいです。夕食まで頭も体も動かさないといけないので燃料となる炭水化物が必要です

 

夕食はおもいっきり気分が悪くなるくらい食べてもいいですが、なるべく炭水化物ではなくたんぱく質でお腹がいっぱいになるように

 

あと…さらなる効果を出したいなら夕食前のお腹が空いた状態で軽く走ったり、散歩したりするのがオススメです

 

 

 

この「昼飯を食べない」メソッドで僕は中々の結果が出ていますし、なによりも物凄くラク

今まで実践してきた減量方法の中で一番ラクだと感じています

その要因としては “夕食を好きなだけ食べられる” のが大きいでしょう

日本の場合だいたい夕食が一番豪華でおいしいですからね。それを好きなだけ食べれるのだから少々のことは我慢すべきですし、精神的なストレスもかなり抑えられると思われます

 

 

…….

…….

…….

 

 

 

と、ここまで長々と書いてきましたが、ここで何人かの方々がここまで読んで感じているであろう違和感について書きます

 

「昼食ではなく夕食を少なくするんじゃないの??」

 

だいたいの方はそう思ったことと思います

 

私もかつてはそう思っていました

そしてそれはやっぱり正しいかもしれないし、本当は違っていたのかもしれません

 

 

 

しかし、僕のここまでの経験から感じたこと

 

それは

 

“大事なのは一日のトータルのカロリー摂取量” 

 

つまりは、摂取のタイミングはそれほど重要ではないのです

 

 

 

私がこのメソッドを編み出す上で一番大事だと思ったこと

考えの基本になっていること

それは

 

“お腹が空っぽの状態を一日のどの時間にもってくるか”です

 

 

これが正しいのか正しくないのかは実際わかりません(色んな研究結果があるようですし)

しかし僕のこれまでの肌感では、空腹になってはじめて脂肪燃焼がスタートするというのは正しいような気がします

要するにパチンコでいう確変ですね。空腹になってはじめて確変スタート。身体が余分な肉を燃やしはじめるのです

 

 

となると確変スタートをどこに持ってくるか?

 

確変スタートしたのに寝てしまうのはもったいないですよね?夕食を控えめにして、空腹でベッドに入る。確変スタート直後に一日でもっともカロリー消費が少ないタイムに突入してしまうのは非常にもったいない

 

逆に空腹状態を一日のうちでもっともアクティブに動く昼間に持ってくるのはもっとも効率の良い方法だと思います。確変スタート、痩せるモード突入でもっともエネルギーを使うタイムに突入しているわけですので

 

前述した「さらなる効果を出したいなら夕食前のお腹が空いた状態で軽く走ったり、散歩したりするのがオススメです」はそういうことです

昼間のアクティブな活動 + 一般的な減量のための運動 でさらなる効果が期待できるというわけです

 

 

 

はい

 

実にくどくどと説明してしまいましたが……特に参考にしなくていいです笑

 

私のような素人の意見を取り入れて体調でも崩されたら大変ですからね笑

 

 

しかし「自分は何で太るタイプなのか」ということは知っていて損はないかと思います

 

お米で太るっていう人もいれば、パンで太るという人もいるし、これについては本当に人それぞれなんだと思います

ちなみに僕はお酒で太るタイプです。お米ではあんまり太る気はしません

 

そういうことを把握しておくのはとても大事です

 

 

「自分は何で太るタイプなのか」をもっと厳密に言うと、どの炭水化物で自分はもっとも太りやすいのか?ですね

減量中、炭水化物をまったく摂らないなんて人もいますがそれはあまりいい方法だとは思いません

普段の生活を元気に送れなくなりますし、健康にもよくない

 

そして炭水化物を摂らないと減量が絶対にうまくいくとは言い切れないからです

炭水化物の量多少減らした方が減量がスムーズに行くのは確かですけどね

 

脂肪を燃やすのにもエネルギーが必要。と考えるとその分の炭水化物は絶対に必要なわけです

 

そんな炭水化物を自分の場合は何で摂るのが一番賢いのか、それは把握しておいた方がいいと思います

 

 

 

 

 

こんな感じで突然、最近調子のいい減量法について書いてみました

 

他にもたまに”断食”を入れる

とか

たまに”一日を通して好きなものを食べまくる日を設ける”

とか

 

いろいろな応用があるのですが、それはまた次回「ダイエット概論Ⅱ」で書こうかな、と思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • もぐもぐメタル

    もぐもぐメタル

    ディレクター (大阪本社)

    ディレクター

    (大阪本社)

    オーラを隠し切れない、スーパーアーティスト。他にも色々と隠せていないものもある模様。鍛え抜かれた魅惑のボディの持ち主でもある。 長かった髪をバッサリ、男前度上昇中。 普段はディレクター、しかしてその実態は、泣く子ももっと泣く世界的アーティスト。言いたいことをビシッと言ってくれる心強い仲間。 時々、打ち合わせ中に口から「ピョッ」という変な音が出る。

    オーラを隠し切れない、スーパーアーティスト。他にも色々と隠せていないものもある模様。鍛え抜かれた魅惑のボディの持ち主でもある。 長かった髪をバッサリ、男前度上昇中。 普段はディレクター、しかしてその実態は、泣く子ももっと泣く世界的アーティスト。言いたいことをビシッと言ってくれる心強い仲間。 時々、打ち合わせ中に口から「ピョッ」という変な音が出る。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから