HITTOBITO

お出かけ

ミャンマー・ヤンゴンのお勧めレストラン7選

2018年04月05日 

IMG_1468

わたるんです。

ヤンゴンの屋外レストランで食べたシャンヌードル。素朴な味わいでうまい!
IMG_0112

クアラルンプールやバンコクへの出張は普通に「仕事」なんですが、ミャンマーへの出張は、いつも仕事とは別の要素で心湧き立たされるものがあります。

2014年に初めて訪ねた時よりは相当開発が進んでいますが、それでもまだまだ、「昔のアジア」を感じさせる要素が残っています。いつか時間ができたら地方も回ってみたいものです。マンダレーとか、バガンとか。

今回は、そんなヤンゴン市内のレストランで比較的外国人も気楽に入れるところをご紹介します。情報は2017年内に集めたものです。


House of Memories

アウンサン将軍のオフィスを改装したレストラン。年季を感じる内装ですが、雰囲気は素敵です。

IMG_0122

IMG_0125

私が訪問した時は懇親に夢中で、あまり食事の写真は取れず。
IMG_0127

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294191-d2481737-Reviews-House_of_Memories_Restaurant-Yangon_Rangoon_Yangon_Region.html


Shan Yoe Yar 2

ヤンゴン中心部、スーレー・シャングリラホテルの隣のモール内にあるレストラン。

日本人観光客も安心の清潔感、高級感です。

豚肉で高菜のような漬物を包んだ料理。
IMG_0160

IMG_0157

ミャンマー風フライドポテト。
IMG_0159

https://www.myanmore.com/yangon/restaurant-directory/listing/shan-yoe-yar-sule-square


Danuphyu Daw Saw Yee Myanmar Restaurant

ビルマカレーの店。外国人も結構来るらしく、店員の英語も慣れたものです。

IMG_0298

トレイに入ったカレーを指差しして指定していくスタイル。
IMG_0300

ビーフカレー。よく煮込んであって、ごはんに合います。ちなみに、山盛り野菜がセットでついてきます。
IMG_0301

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294191-d3599549-Reviews-Danuphyu_daw_saw_Yee_Myanma-Yangon_Rangoon_Yangon_Region.html


Feel

ミャンマー料理レストランの全国チェーンです。空港から比較的近いところにもあります。

こちらもトレイの中のものを選べます。
IMG_1468

ビルマカレーは美味しいですが、ちょっと油っぽいと感じる人もいるかも。
IMG_1472

http://www.feelrestaurants.com/


Monsoon Restaurant & Bar

植民地時代風の建物の中のおしゃれなレストラン。いつも白人がたくさんいます。ミャンマー料理に限らずいろいろなメニューあり。

ちなみにここに限らず、昔は米ドルが決済で使いやすかったんですが、今は原則ミャンマーチャットでの支払いの方が多い印象。

IMG_2943

写真だとよくわかりませんが、ミャンマー汁そばのモヒンガー。
IMG_2944

入口です。
IMG_2946

http://monsoonmyanmar.com/


999 Shan Noodle Shop

こちらはシャンヌードルのチェーン店。ビルマカレーはおなかに重いですが、シャンヌードルはさっぱり系。

IMG_2991

IMG_2992

こちらがシャンヌードル。
IMG_2993

モチ米料理。なかなかイケる!
IMG_2994

https://www.facebook.com/999ShanNoodle/


一風堂

いやーシメは日本料理レストランと思っていたんですが、まさかの一風堂で。いい値段しますが、たまには食べたくなるものですよね。

IMG_3030

安定の赤丸。
IMG_3033

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294191-d12571746-Reviews-Ippudo_Ramen-Yangon_Rangoon_Yangon_Region.html


ここまで、ヤンゴンのレストランを7ヶ所ほど回ってみました。この他にもおいしいお店、おしゃれなお店はありまして、ヤンゴンでは案外レストランに困ることはありません。日本風の居酒屋もありますし。

ただ、高級なところを除くと、日本並みの衛生感はなかなかなかったりも。私は幸いおなかを壊したことは今までありませんが、私はマレーシアやタイやインドで鍛えた特注の消化器系を備えてますので…。生野菜やアイスキューブ入りの飲みものは控えた方がいいかも。あと、油っぽいものも多いから、便秘になる人は少なくないそうです。


【告知】

フューチャースピリッツは、WeChat公式アカウント申請代行・運用支援サービスを開始しました。

日本語のWeChat公式サイトはこちら

WeChatは、中国で9億人以上のインターネットユーザーが利用するコミュニケーションツールです。LINEとFacebookを足したような使い勝手で、日本で中国向けインバウンドマーケティングを行うならぜひアカウントを持っておきたいSNSです。

フューチャースピリッツは、この度、日本の法人のWeChat公式アカウント取得を支援するサービスを開始しました。このサービス開始を記念して、4/24(火)にグランフロント大阪にて、以下演題によるセミナーを開催させて頂きます。

WeChatを活用した中国インバウンドマーケティングセミナー

  • 第1部: 9億6千万人が使う中国最大チャットアプリ『WeChat/微信』広告を活用した成功事例セミナー
  • 第2部: 越境ECの現状と成功させる為のセミナー

「WeChat」と「越境EC」という旬なテーマを取り上げたこのセミナーは、参加料無料となっています。ぜひ、こちらのページの開催概要をお読み頂き、そのままお申し込み下さい!

https://pro.form-mailer.jp/fms/9bec9bb9141796

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

  • わたるん(ゲストライター)

    わたるん(ゲストライター)

    フューチャースピリッツ グローバル事業本部

    フューチャースピリッツ グローバル事業本部

    社内では希少な北関東出身。栃木県→東京都→マレーシア→東京都というオデッセイを経て、現在はフューチャースピリッツ京都本社で海外事業の一端を担う。東京時代はWEBディレクターだったが、マレーシア駐在時に流した苦労を糧に、今は海外事業に関連する業務全般(特に事業開発、商品開発、営業、管理等)を担当。趣味は旅行。ASEAN加盟国全てを回り、各国でラーメンを食べてきた。外国で身の危険を感じたことはほとんどないが、激昂したタクシー運転手から回し蹴りを食らいかけたことはある(ひらりと身をかわした!)。1977年生まれ。

    社内では希少な北関東出身。栃木県→東京都→マレーシア→東京都というオデッセイを経て、現在はフューチャースピリッツ京都本社で海外事業の一端を担う。東京時代はWEBディレクターだったが、マレーシア駐在時に流した苦労を糧に、今は海外事業に関連する業務全般(特に事業開発、商品開発、営業、管理等)を担当。趣味は旅行。ASEAN加盟国全てを回り、各国でラーメンを食べてきた。外国で身の危険を感じたことはほとんどないが、激昂したタクシー運転手から回し蹴りを食らいかけたことはある(ひらりと身をかわした!)。1977年生まれ。

この人が最近書いたものを見る

一覧

これを読んだ人にオススメ

ひっとびととは?

WEB制作・プロデュース会社『フューチャーヒット』の人々が趣味などをゆるく紹介するサイトです。
フューチャーヒットの「人々」が自由に、でも真剣に取り組んでいく様子をこの「ひっとびと」を通してお届けしていければと思います。

詳細はこちらから